福岡を訪れたらぜひ食べていただきたい!【福岡の名産まとめ 5選!】

福岡県の名産と言えば何を思い浮かべますか?水炊きに博多ラーメン、うなぎのせいろ蒸しに玄界灘の海の幸、お米にいちごに。。。とあげればきりがありません。美しい山海に囲まれた福岡から、みなさんにぜひ食べていただきたい本場の味をご紹介します!

水たき料亭「博多華味鳥」 水たきセット

S50810001_1

博多を代表する郷土料理「水炊き」。福岡県のブランド鶏「華味鳥」を使用した「水たきセット」をご紹介します。華味鳥は、澄んだ空気と太陽がたっぷりと降り注ぐ鶏舎で、米糠、大豆粕に海藻やハーブエキスを混ぜて作られたこだわりの発酵餌を食べて育った元気な鶏。臭みがなく、しっかりしたうま味と歯ごたえがあり、もも肉が華やかなピンク色であることから、華味鳥と命名されました。添付の鶏がらスープに切り身やつくね、さらに博多の水炊きには欠かせないキャベツなどお好みの野菜を投入すれば、滋味深い味わいの水炊きが完成します。お取り寄せをはじめ、福岡、東京、大阪などの実店舗「水たき料亭・博多華味鳥」でも味わえますよ。博多料亭の味をぜひ楽しんでくださいね!

華味鳥の水炊きセットはこちら

博多若杉 牛もつ鍋セット

博多と言えば、もつ鍋ですよね!楽天のお取り寄せで大人気の「博多若杉牛もつ鍋セット」をご紹介します。

このもつ鍋、醤油味や味噌味といったいわゆる定番のもつ鍋とは一味違うこだわりのお味。 博多でも数少ない、もつ本来の旨みをストレートに頂ける上品な味わいが特徴です。厳選したもつを丁寧に下処理し、スープには、福岡県八女の酒蔵「喜多屋」の酒粕を使用。小腸に加え、赤センマイやハツなどが入っているので、ホルモンの食感と風味をより楽しむことができます。

もつ鍋そのままの味を楽しんだら、次は「専用ポン酢」で食べるのが若杉のもつ鍋の流儀。ぜひ一度試してみてくださいね!

竹ちまき専門店「竹千寿」詰め合わせ

S09260001_1

福岡県は、米処としても知られ「夢つくし」や「元気つくし」などのブランド米の生産が盛んな地域。福岡の竹ちまき専門店「竹千寿」は、九州全土から集めた新鮮な食材を真竹に詰めた「竹ちまき」を販売しています。

青竹の爽やかな香りと職人手作りのちまきやおこわを豊富に取り揃えています。美味しいうえにおしゃれで珍しいと大切な方への贈り物として大変人気があるんですよ。保存料を使用していないところも◎。

一年を通してお祝い事や人生の節目の席に、ぜひ竹ちまきを添えて、お祝いの気持ちを表してみてはいかがでしょうか。

竹千寿詰め合わせはこちら

高橋商店 炙りうなぎ笹めし・ はかた地どり笹めし

S20160006_1

高橋商店がある福岡県の柳川市は、「川下り」と江戸時代より伝わる「うなぎのせいろ蒸し」が2大名物です。「うなぎのせいろ蒸し」とは、うなぎとご飯が入ったせいろを蒸し上げた料理。かば焼きと比べ、2度蒸しすることで、うなぎがふわっふわに仕上がり、湯気が立ち上がるほど熱々の状態で食べることができるのが特徴です。「炙りうなぎ笹めし」は食べる前に蒸すと出来立ての味を再現できますよ。

また一緒に味わえる「はかた地どりの笹めし」は、鶏肉を使った郷土料理が多い福岡で人気の「はかた地鶏」を秘伝のたれでじっくり煮込んだ逸品です。ぜひご賞味ください!!

炙りうなぎ笹めし・ はかた地どり笹めしはこちら

すし竹 うなぎのせいろにぎり

S63040001_0

「うなぎのせいろ蒸し」に関連する商品をもう一品ご紹介します。福岡県柳川市にある老舗寿司店の「すし竹」が作る「うなぎのせいろにぎり」です。炭火を使って焼き上げたうなぎの蒲焼きを、秘伝のタレをしみ込ませたご飯の上に乗せて蒸し上げた後、寿司職人がにぎり寿司に仕上げた自信の一品です。タレがたっぷりとしみ込んだご飯に肉厚のうなぎがのせられ、一口食べれば箸が止まりません。九州旅行のお土産にご家族に贈れば、喜ばれること間違いなしです!

うなぎのせいろにぎり はこちら

ご紹介した名産は、どれも福岡を代表する郷土料理ばかり

福岡の自然や風景を愛し、伝統の味を後世に伝えたいと、地元産にこだわった逸品ばかりです。福岡旅行の思い出と共に、地元の味を持ち帰ってみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。