福岡県博多名物辛子明太子【真新しくて斬新!本物志向の明太子商品5選!】

福岡土産といえば定番中の定番、辛子明太子ですよね!有名な「ふくや」の創業者がいまの調味液に漬ける製法を確立して以来、徐々に作り手を増やし、おにぎりやパスタの具として人気はどんどん高まるばかりです。今回は、こだわりの明太子の中でも、真新しくて忙しい主婦(夫)にも大変便利な明太子商品をピックアップしてご紹介します!

島本食品 めんたいマヨネーズ

島本食品は、昭和51年(1976年)創業の辛子明太子専門店です。近年減少している国産たらこの美味しさを届けたい!と40年にわたり、希少な北海道産たらこを使用しています。外国産のスケソウダラの卵との違い、国産たらこには深いうま味があります。高価な原料を使いながらもお客様には、手の届きやすい価格で提供したい。そんな思いから、中間コストを省くため実店舗での販売と通信販売に絞り、丁寧にお客様と繋がってきた会社です。素材を大切にする会社だから、着色料不使用。明太子マヨネーズは多くあれど、島本の「めんたいこマヨネーズ」は北海道産たらこをたっぷり使った本物志向です!

筑前福岡 無着色辛子明太子といわし明太セット

S06820007_1

「筑前福岡」は、福岡県糟屋郡にある明太子専門店です。北海道の利尻昆布を贅沢に使った明太子作りに定評があります。ご紹介する「無着色辛子明太子」と「いわし明太」セットは、そんな昆布出汁がきいた無着色の辛子明太子と、近海でとれた活きのよい鰯に明太子をたっぷり詰めこんだセットです。脂ののった鰯の旨さと明太子の辛さが絶妙で、あたたかいご飯との相性抜群です。これだけで、ご飯が何杯でも頂けてしまいます!もちろん、酒の肴にも◎です!

無着色辛子明太子といわし明太セットはこちら

鳴海屋 昆布漬辛子明太子(無着色)

S51810007_1
昭和3年創業の「鳴海屋」から、天然昆布の旨みがしみ込んだまろやかな味わいの無着色「昆布漬辛子明太子」をご紹介します! 博多の一流料亭、一流ホテルを食べ歩いた先々代が、「博多の食通を唸らせる辛子明太子を作りたい!」と北海道産たらこにこだわって作り上げた辛子明太子です。鮮度の良い食材が手に入る博多では、素材の味を活かした料理が好まれます。素材の旨味を楽しむため、タラコの持つ本来の味を最大限に生かした調味液を心掛け、使う量も最小限にとどめています。添えられた昆布だけでも、ご飯が進みます!オススメです!

昆布漬辛子明太子(無着色)はこちら

博多ふくいち 炙り辛子明太子

S06820007_1

綺麗な海に恵まれた福岡県糟屋郡新宮町に位置する「博多ふくいち」。工場のすぐ近くには、玄界灘を臨むきれいな海と砂浜が広がっています。博多ふくいちの辛子明太子は、職人が一つ一つ原卵から製造を行い、その日の天候に合わせ水分量を調節しながら、72時間以上漬け込む手間暇かかる逸品です。ギフトにふさわしい卵のみを選別し、一腹一腹、丁寧に手あぶりしました。今までにないあぶり明太子です。明太子本来の旨味に加え、香ばしさと食感が楽しめますよ。モンドセレクション最高金賞を7年連続受賞し、水産庁長官賞受賞した実力派をぜひお試しください!

炙り辛子明太子はこちら

島本食品 明太フランスパン

こちらも「島本食品」が作る明太フランスパンをご紹介します!口コミから人気が広がる島本が作る明太フランスパンは、人気の老舗パン屋さんとコラボで生まれた人気商品です。明太子のパテと相性が良いようわざわざブレンドされた小麦粉を使用し、表面をパリパリと固めに焼き上げたバゲットには、とろりとした明太パテがたっぷりとはされています。もちろん、素材へのこだわりは変わることなく、国産たらこと着色料不使用です。 お洒落なパッケージと本物志向の贈り物にホームパーティーやギフトに絶対外さない逸品ではないでしょうか!

こだわりの辛子明太子をご紹介しました。

各ブランドから様々な明太子が出され、迷ってしまいますよね。今回は、見たことのない珍しい商品や手土産に使える便利商品を集めてみました。どれも明太子専門店が作った本物志向です。お気に入りが見つかりますように!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。