個性豊かな徳島の特産品。海の幸・山の幸を楽しめる商品5つ。

徳島県は約75%が山地で、西から東に吉野川流れています。海に目を向ければ、日本最大級・最長寿と考えられている「千年サンゴ」、世界三大潮流の「鳴門の渦潮」と壮大な自然に触ることができます。大自然の中で生まれた徳島の自慢の特産物をご紹介いたします。

阿波池田ラクーンネット そば米ぞうすい

S42240001_3

祖谷(いや)地方の郷土料理「そば米ぞうすい」。祖谷地方は山に囲まれ米が作れないため、そばが作られていました。源平の合戦に敗れ祖谷地方に逃げてきた平家の落人達が、都を偲んで正月料理に作ったのが「そば米雑炊」の始まりといわれています。「そば米」とは徳島県独特の呼び方で、そばの実を茹でて皮をむいて乾燥させたもの。それを人参や椎茸・芋・ネギ・鶏肉などと一緒にだし汁で煮たものを「そば米雑炊」と呼びます。常温で547日と長期保存可能。熱湯を注ぎ、かき混ぜて90秒で簡単に調理できるので災害用のストックにもおすすめです!

「そば米ぞうすい」はこちら

株式会社 みむら 古代米 阿波音 味くらべセット

S69070001_3

身体に良いらしいし白米以外に興味があるけど、食べきれるかわからない……とためらっている方に朗報です!計測の手間が省ける小袋にわけた「黒米・赤米・緑米」のご紹介。これらは「古代米」と呼ばれ、稲の原種であり野生稲の特徴を受け継いでいるお米。それぞれ白米に比べビタミンやミネラル・タンパク質が多く含まれることが明らかになっています。普通のお米にまぜるだけで手軽に古代米が楽しめますのでぜひお気に入りを見つけてみてください。筆者のお勧めは赤米です。もちもちして美味しいですよ!

「古代米 阿波音 味くらべセット」はこちら

砂美かたやま 天草プリン

S68200001_1

世界最大級のコブハマサンゴが育つ綺麗な海でとれた牟岐産のテングサを100%使用した贅沢なプリン。ところてんの材料として有名なテングサは、低カロリー!「チーズプリン」は、テングサと高級フランス産クリームチーズ、マダガスカル産バニラビーンズ、北海道産の生クリームがふんだんに使われ濃厚。「牛乳柚子プリン」は、テングサと徳島県産の柚子、北海道産の生クリームで作られたさっぱりプリンの上に柚子ジュレをON。全て手作業で行われ、保存料や合成添加物などは一切使用せず素材本来の味をお楽しみください!

「天草プリン」はこちら

元木倉庫 ヒノヒカリ1等白米

S42990002_3

希少な徳島産ヒノヒカリです。「ヒノヒカリ」のお父さんは「コシヒカリ」!小粒ですが、やわらかで厚みがあり、あっさりしているのが特徴です。冷めても美味しいのでお弁当やおにぎりにお勧めです。徳島産ヒノヒカリは地産地消程度の生産量しかないため、なかなか市場には出回らない希少なお米です。持ち帰るのが大変な重たいお米、ぜひお取り寄せで美味しいものをお召し上がりください!

「ヒノヒカリ1等白米」はこちら

高木林業 ひのきのウッドチップ

S06940001_1

かぐわしいひのき香りは、癒されると感じる方が多いのではないでしょうか?日本人好みの強い芳香で知られる「ひのき」は加工が容易で、古くから日本の建築資材として親しまれてきました。ひのきのウッドチップはシロアリや腐朽菌・カビに強くダニ・ノミを寄せ付けにくいそう。耐水湿性もあるため、ドッグラン、ガーデニングなど屋外での使用におすすめです。経年変化で自然に戻るので環境にも優しい。受注生産品なので、ご入用の際はお早めに!

「ひのきのウッドチップ」はこちら

個性豊かな徳島の特産品、いかがでしたか?

自然豊かな徳島の特産品、ぜひお試しください!徳島県の四国山脈には近年登山初心者に人気の「剣山」や、流れの激しさと景色・水の美しさから世界有数のラフティングの聖地とも言われている「大歩危・小歩危」と呼ばれる深い峡谷があります。徳島の大自然を味わいに訪れてみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。