信州の老舗専門店が作る【山梨のソウルフード!名物ほうとう特集】

山梨県名物「ほうとう」は、うどんより太目の粗削りな麺を野菜と一緒に味噌で煮込んだ信州の郷土料理。最近、県外のスーパーでも比較的置かれているほうとう麺ですが、本場山梨産のものは少なく、やはり専門店の味が恋しいというほうとうLOVERが多いのだとか。そこで本場の味を家でも食べたい!というあなたに、山梨のほうとう専門店が作る絶品ほうとうを厳選してご紹介します♪手作り派からレトルト派まで必見です!


志村製麺 ほうとう生麺・生みそ 

0608_2

山梨県甲府市にある「志村製麺」は、ほうとうを作り続けて60余年。昔ながらの手もみ風を大切にし、塩や合成保存料等を一切使用しない、安全で小麦粉本来の風味が楽しめるほうとう作りを行っています。

生麺なのに常温で90日間保存でき、買い時・贈り時を選ばず大変便利です。あのグルメ雑誌「dancyu」にも取り上げられた逸品です!

通販のほか、サービスエリアや桔梗屋でも取り扱いありとのことなので、ぜひ一度味わってみてくださいね♪

【ほうとう生麺・生みそ】はこちら

横内製麺 戦国ほうとう3パックセット

0608_2

創業昭和2年の横内製麺は、八ヶ岳南麓の日本の名水百選に選ばれた「女取湧水」と「地紛」にこだわるほうとう専門店です。

地元北杜市の契約農家と協力しながら、八ヶ岳の厳しい冬を越えた生命力あふれる小麦粉を100%使用した生麺は、特有の香りともちもちした食感に定評があります。

横内製麺でも人気NO.1の「戦国ほうとう」は、山梨県民からも熱い支持を受ける正統派味噌味。

戦国時代には武田信玄の軍勢に野戦食として食べられていたことから、この名がつけられました。箱入りで贈答用にも、個包装でバラマキ土産にもなる秀逸なデザインが◎

【戦国ほうとう3パックセット】はこちら

横内製麺  3種のほうとうセット

0608_2

名水百選「女取湧水」と「地粉のほうとう」にこだわったほうとう作り専門店「横内製麺」から、もう一品!バラエティ豊かな味付けが楽しめる「人気3種ほうとうの詰め合わせセット」をオススメします♪

甲州みそとすりごま付きの「手もみほうとう」、かぼちゃを練り込んだ麺に甲州みそが付いた「かぼちゃほうとう」、そして豆板醤で仕上げた特製辛みそ付き「辛みそほうとう」の3つの味わいが楽しめますよ♪

ご家族や友人で鍋を囲みながら、好みの味についてわいわい言うのも楽しそうですよね!!

【3種のほうとうセット】はこちら

手打ちほうとう「のんきばぁーば」 一泊ほうとうセット

0608_2

ほうとう食べたいけれど、料理するのも大変な時ありますよね??

そんなあなたにぜひご紹介したいのが、具だくさんのレトルトほうとう「一泊ほうとうセット」。

実は山梨ではほうとうをカレーのように一晩寝かせ、翌日そのまま食べたり、ご飯にかけたりして食べるのが美味しいといわれています。

そんな一晩寝かせたほうとうを「一泊ほうとう」というメニューで提供しているのが県外でも珍しい手打ちほうとうのお店「のんきばぁーば」。

ご紹介する「一泊ほうとうセット」には、のんきばぁーばの定番メニュー、豚もつ・馬もつも加わり、温めるだけで手軽に本場の味が楽しめます♪

同封の香り唐がらしを、一泊ほうとうや豚もつ・馬もつにたっぷりかけて食べるのが山梨流です。

【一泊ほうとうセット】はこちら

平井屋 ほうとうセット

明治35年創業の平井屋から、甲州名物「ほうとう」生麺と正統派味噌出汁のセットをご紹介します!

仕込み水やゆで水には、ミネラルウォーターの採取地に選ばれるほど美味しいといわれる「富士の天然水」を使っています。

また小麦粉には山梨や北海道などの国産小麦粉に加え、オーストラリア産のものを厳選し、それらを掛け合わせることで、麺に弾力やのど越しの良さ、豊かな風味を実現しています。

そんなこだわりの麺づくりに、リピーターからは、「この食感は平井屋さんのほうとうでないと味わえない!」と熱い支持をえています。

山梨県外ではなかなか手に入らない平井屋のほうとうですが、通販もしくは東京・日本橋にある「富士の国 やまなし館」で取り扱いありとのこと。ぜひお試しください!

【山梨のソウルフード 名物ほうとう】いかがでしたか?

ご紹介したほうとうはどれも山梨に本拠地を置く専門店のものばかりです。急に寒くなった日やちょっと元気が欲しい時、ぜひ栄養満点のほうとうを食べてパワーチャージして下さいね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。