鳥取県の【ワンランク上の名物品】をご紹介!一つ一つ丁寧につくられた逸品を集めました

北は日本海に面し、白砂青松の海岸線が続き、南は中国地方の最高峰・大山をはじめ中国山地の山々が連なる鳥取県。二十世紀梨に代表される数々の農産物や、松葉ガニなど海の幸が水揚げされます。その中で1つ1つ手間暇かけて作られた逸品5選をご紹介いたします。

アグリネット琴浦 ブルーベリーワイン 紫泉郷

S61530004_0

約1kgの果実から1本ができあがるとても贅沢な本格派フルーツワイン。1粒ずつ丁寧に摘み取られた鳥取県産のブルーベリーを100%使用しているそう。

しっかり熟成された辛口のワインをメインに扱っている地元「北条ワイン醸造所」が手がけ、渋み・コク・フルーティーさが楽しめるミディアムボディのワインです。渋味や辛口のワインを楽しみたい方にお勧めです。

アルコール度数は12%。肉料理や生ハム、チーズなどと相性が良いですよ!

【ブルーベリーワイン 紫泉郷】はこちら

やまね 酒津の塩さば

S62250001_0

島根県はさばの消費量が多く、塩さばが定番だとか。そんな塩さば大好きな鳥取県民も食べている「酒津の塩さば」です。

厳選して仕入れた脂乗りのよいさばを、一匹一匹丁寧に手開きし内臓を取り除いた後、一晩水に浸して血を落とすなど手間暇かけて下処理されているので生臭さがありません。酒津地方の絶妙な塩ふりで仕上げられています。鳥取市気高町酒津に伝承する技術に独自製法を加えて、一匹ずつ丁寧につくられた逸品です。

ほかほか白ご飯とお酒が止まらなくなること間違いありません!

【酒津の塩さば】はこちら

ゆりはま温泉公社 冷凍しじみ

S60380001_0

県中部にある湯梨浜町の東郷池は、近隣の山々から注がれる3つの川の水と日本海の海水、湖底から湧き出る温泉水にも恵まれた汽水湖です。

「東郷池しじみ」はプランクトンが豊富な自然環境のなかで、粒が大きいのが特徴。大粒だけを、毎朝地元の漁師さんから直接買い付けて、砂だし後に冷凍。冷凍することで旨味成分が凝縮され、美味しさがさらにアップされています。

「黒いダイヤ」と称され、関西の高級料亭御用達の「東郷池しじみ」ですが、漁師の人数・漁獲量が制限されているので、なかなか他県の市場には出回らないそう。お取り寄せができるので是非一度お楽しみください♪

【冷凍しじみ】はこちら

こめや産業 ののこめし

鳥取県西部地域を中心に親しまれている郷土料理「ののこめし」。お米が貴重だった時代にはご馳走だったために「いただき」とも呼ばれるとか。少量のお米でお腹いっぱいになるようにと、たくさんの具材を入れて、各家庭で工夫して作られていた「ののこめし」はおふくろの味でもあるそう。

油揚げに、生米・人参・椎茸・ごぼうなどを入れだし汁でじっくりと甘辛味に炊きあげられています。地元ではスーパーでも手に入りますが、県外ではなかなかお目にかかれない物。一つ一つ手造りの鳥取県名物「ののこめし」、ぜひ味わってみてください♪

大山乳業 大山バター

大山バターは鳥取名物の「白バラ牛乳」を原料に作られたバターです。白バラ牛乳とは酪農家が土を耕し、よい草をつくり、ストレスを与えないよう大切に育てられた牛から生まれた牛乳。鳥取県の給食にはこの白バラ牛乳が出るとか。

まさに鳥取名物ですが、それを使って昔ながらの「チャーニング製法」で、少量で一つ一つ丁寧につくられているのが「大山バター」です!手作りに近い製法のため、職人技が光るバターは、口当たりが優しく、とってもクリーミー♪ 通常スーパーで見るより白く、なめらかに伸びます。食べる前には室温に戻すとより美味しいです!

鳥取県のワンランク上の名物品いかがでしたか?

鳥取県は山地の多い地形ながら、三つの河川の流域に平野が形成され、鳥取市・倉吉市・米子市が中心都市として発達しています。気候は比較的で温暖で、春秋は好天が多く、冬には降雪、四季の移り変わりが鮮やかなので、訪れる時期によってさまざまな面が楽しめます。ぜひ遊びにきてくださいね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。