【新潟名産】燕三条のおすすめ包丁、キッチン金物5選をご紹介!

新潟の名産を語るうえで、日本が世界に誇る燕三条の金物は外せないのではないでしょうか?「燕三条で作れない金物はない」と言わしめる職人技から生み出された包丁やキッチン金物は、機能性はもちろんのこと、置いているだけで美しい佇まいを感じさせます。日本一社長が多い町と呼ばれる燕三条エリアから、口コミで人気の包丁やキッチン金物をご紹介します!

和平フレイズ 燕三シリーズ 鉄共柄串揚げ鍋

0608_2

鉄共柄串揚げ鍋をご紹介します!

脂の飛び散りが少なく調理後の掃除が簡単と好評の揚げ物鍋です。鉄製だから、高温のままカラッと揚がり、断然美味しい揚げ物ができます。お手入れが大変そうというイメージがあるかもしれませんが、鉄の中でも「ブルーテンパー材」という耐久性に優れ、錆びに強い素材で作られているため、お手入れ簡単です。

油が少量で済み、片付けの場所を取らない16㎝というサイズも◎。

油はねを気にせず、卓上で揚げたての串揚げパーティを楽しんだり、忙しいお弁当作りにも重宝します!

【燕三シリーズ 鉄共柄串揚げ鍋】はこちら

和平フレイズ ステンレス製卓上鍋

0608_2

和平フレイズのステンレス製卓上鍋をご紹介します!

新潟県燕市で1951年に創業した和平フレイズが、昔からの職人の技術を結集させて作り上げた卓上鍋です。鍋の中の水分量と熱効率バランスを追求し、何度も試作品を作っては改良を重ねた逸品です。

200VまでのIHに使用可能で、軽くてお手入れが簡単なステンレス製です。

卓上に置くだけで絵になるシンプルで凛とした佇まいは、お客様のおもてなしにも最適です。蒸料理に便利な目皿とお玉のセットも◎大手百貨店にもセレクトされるこちらの鍋は贈り物にもおすすめです。

【ステンレス製卓上鍋】はこちら

和平フレイズ 燕三シリーズ つや消しケトル

0608_2

和平フレイズの 燕三シリーズから、つや消しケトルをご紹介します! Made in JAPANにこだわり、道具作りの原点に立ち、お客様に本物を使って頂きたいと願って立ち上げた「燕三」シリーズ。「お湯を沸かす」というシンプルな目的に適ったフォルムは、デザイン性においても優れていて、このケトルの人気の理由にもなっています。 機能美に加え、洗い口が広く中まで手が入りやすいため、お手入れが簡単と好評です。2L程度のお茶を沸かしたり、細くお湯を注ぐことができるのでドリップコーヒーにも大変便利です。

【燕三シリーズ つや消しケトル】はこちら

磨き屋シンジケート ペアタンブラー

0608_2

磨き屋シンジケートのペアタンブラーをご紹介します!

磨き屋シンジケートとは、燕三条エリアであらゆる金属を自在に磨き上げる金属研磨のスペシャリスト集団です。金物の仕上がりを左右する研磨作業。この商品は世界でも有名なモバイル機器や半導体装置などの磨きを手掛けるYOSHIKAWAの職人が磨き上げた逸品です!

350mlのビール1本が入るサイズで、注ぐとビールの泡がきめ細かくなり、美味しさが格段に増すと好評です。美しいデザインはどんな方からも喜ばれ、プレゼントにぜひおすすめです。

【ペアタンブラー】はこちら

藤次郎Tojiro オールステンレス三徳包丁・ペティナイフ セット

日本のプロの料理人のみならず、海外から熱い支持をえる包丁メーカー「藤次郎(Tojiro)」より、家庭用三徳包丁とペティナイフのセットをご紹介します!

使った人が口をそろえて絶賛する切れ味が自慢です。新聞紙やパンはもちろん、熟して柔らかくなったトマトの皮まで、力を入れずにスーッと切れると大好評。軽くて錆に強いオールステンレス加工で衛生的な点も◎。持ちやすいよう柄の部分に施された滑り止めが、デザイン性においても優れ、毎日使うのが楽しくなる逸品です。Made in Japanの確かな技術と洗練されたデザインは、プレゼントにも最適です。

【新潟名産】燕三条のおすすめ包丁、キッチン金物5選いかがでしたか??

ご紹介したキッチンツールは、どれもお洒落で機能性に優れた商品ばかりです。農作業がない冬の間に、新潟の人がコツコツと作り上げてきた金物製品は、今や世界に羽ばたく新潟の名産品に昇り詰めました。ご家庭用はもちろんのこと、新築祝いやご結婚のお祝いにぜひMade in Japanの技術が結集された逸品を贈られてみてはいかがでしょうか。

新潟のまとめをもっと見る<スイーツ|名 物|名 産|特 産|土 産>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。