愛知県の名産はどれも逸品ばかり!全部欲しくなるトップ5

愛知県は、ちょうど日本列島の真ん中に位置しており、温暖な気候と複雑な海岸線が生み出す自然からの恵みが多い土地です。それに加えて、日本三英傑と呼ばれる織田信長・豊臣秀吉・徳川家康らを生んだ土地でもあるのです。古くから戦国武将たちが築いた城のまわりで発達した食文化がユニークな名産を育ててきました。数え切れないほどある愛知の名産の中から、これぞ逸品!という5つを紹介しますので、ぜひ全てゲットしてくださいね!

丸駒産業 愛知県鬼崎産海苔詰合せ

F03250005_0

愛知県は良質な海苔の名産地として有名ですが、その中でも味と香りに定評があるのが、愛知県鬼崎産の海苔です。

この鬼崎産の海苔セットは、厳選された鬼崎の焼きのりと味付けのりの詰め合わせです。スーパーなどで売られている味付けのりは、エキスで味付けされているものがほとんどですが、こちらの味付けのりはエキスを使っていません。えびや鰹節、昆布など素材そのものをじっくりと炊き上げ、二種類の醤油と混ぜ合わせたオリジナルの味タレを使っているため、化学調味料アレルギーのある方やお子様でも安心して召し上がっていただけます。

お弁当やおにぎり、手巻き寿司など毎日の食卓に大活躍まちがいなしの名産ですね。

【愛知県鬼崎産海苔詰合せ】はこちら

岡田屋製菓 潮騒8袋入

F03260002_0

愛知県の名産といえば、「えびせんべい」を外すことはできません。中でも愛知県西尾市は、全国有数のえびせんべいの生産量を誇る地域です。

えびせんべい「潮騒」は、昭和3年創業の老舗・岡田屋製菓の逸品で、三河湾の海の幸をなるべく自然に近い調味料で仕上げてあります。東海在住の筆者は、他地方の友人に必ず「えびせんべい買ってきて」と頼まれるのですが、この潮騒の詰め合わせを届けて、いつも喜ばれています。

いか鉄板焼、海老、ごぼうせんべい、えび舞、たこの唐揚げ、かに、梅干、わさび煎餅の八種類がセットになっているので、ご自宅用はもちろん、贈答やお土産にも最適です。

【潮騒8袋入】はこちら

魚新 南知多のあなご味醂干詰合せ

F03410001_0

愛知の名産には魚介が多いのですが、その中でもユニークなのが、「あなごの味醂干し」です。愛知県知多半島の豊浜漁港は、質・量ともに全国に誇るあなごの産地です。

魚新商店自慢のあなご味醂干しは、熟練の職人による天日干しにこだわって、太陽と浜風によって旨み成分がたっぷりと含まれています。脂がのった肉厚の天然あなごを、秘伝のタレで味付けしてあり、甘辛のバランスが絶妙!

軽く炙って、ご飯のおかずやお酒の肴にどうぞ。あなご茶漬けにしても美味しいですよ!

【南知多のあなご味醂干詰合せ】はこちら

スズマン本舗 香嵐渓(山ごぼう・菊いも味噌漬詰合せ)

F03430001_0

愛知県は味噌文化と言われ、味噌を使った名産もたくさんあります。その中から、明治35年の創業以来、家伝の方法で味噌漬を作っている豊田市・スズマン本舗の味噌漬を紹介します。

風味や食感など素材本来の味を生かすために、漬け込む前の塩漬けをせず、収穫した野菜を昔ながらの方法で味噌に生漬けしています。「山ごぼう味噌漬」「菊いも味噌漬」は、国産の山ごぼうと天日干しした菊いもを、愛知名産の赤味噌と吟味された味醂を練りこんだ特製味噌にじっくりと漬け込んでいます。

それぞれ、3袋ずつセットになっているので、ご家庭用やお土産としてシェアできるのもうれしいですね!

【香嵐渓(山ごぼう・菊いも味噌漬詰合せ)】はこちら

秋田製麺所 奴(尾張きしめん味くらべ)

S05360003_0

愛知県には麺類の名産もたくさんあります。きしめんは他の地方にない麺で、短気だった織田信長が早く茹で上がる麺を作らせたのが始まりだったとか、まことしやかに語られるほど、東海地方で愛されている名産です。

「奴 尾張きしめん味くらべ」は、健康食品として注目を集めている「あかもく」、パンチのきいた風味の「豚塩」、これぞきしめん!な「花鰹醤油」の三種類のきしめんがセットになっています。それぞれ3個入りなので、家族で食べ比べをしたり、麺にこだわる方へのギフトにしても喜ばれますね!

【奴(尾張きしめん味くらべ)】はこちら

愛知県の名産5品を紹介しました!

どれも一度は味わってみたい名産品ばかりだと思いませんか?東海在住の筆者宅では、えびせんべいを買っておくと知らないうちに全部家族に食べられてしまいます。あなごの味醂干しや味噌漬、きしめんなどは、他の地方で見かけたことがなく、いつもお土産に喜ばれています。良い海苔は、必ずお正月用に贈答として購入していますよ。愛知の名産をぜひ味わいつくしてほしいです!

愛知県のまとめをもっと見る<スイーツ|名 物|特 産|土 産>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。