【秋田の名物料理5選】大切な方に届けたい逸品集めました☆

秋田名物といえば、ハタハタにきりたんぽ、稲庭うどんなどが有名ですよね。 そんな定番の秋田名物から、今巷(ちまた)で人気の新しい名物まで、独断と偏見で集めてみました♪どの商品も素材や品質にこだわった本格志向で、大切な方へのギフトにおすすめです!

割烹かめ清 【魚介の秋田味噌漬け五種詰合せ】

0608_2

秋田市にある創業明治19年の割烹 かめ清は、上品なな空間で秋田の美味しいお酒と料理が楽しめる店として定評があります。割烹 かめ清の味をご自宅で楽しめるよう詰め合わせにしたセット・女将の「おもたせ」をご紹介します!

人気No.1のハタハタに加え、イカやカレイ、銀だらといった秋田を始めとした各地の鮮魚を取り寄せ、秋田味噌で漬け込みました。

料亭らしい丁寧な心遣いで、魚と魚の間に一枚一枚丁寧にさらしを挟み、直接味噌を塗るよりも「味噌が焦げ付きにくく、焼きやすい」と喜ばれています。

地元では県外からの来客のために、秋田自慢の一品として、おもてなしに使う方も多いそう。老舗の贅沢な味をご家庭で楽しんでみませんか??

【魚介の秋田味噌漬け五種詰合せ】はこちら

鈴木水産【秋田名産ハタハタ一匹・切りずしセット】

0608_2

秋田の名物料理と言えば、ハタハタの飯ずし。秋田八峰町の漁師が創業し、今では飯ずしのトップメーカーになった鈴木水産が作るハタハタの「一匹ずし」と一口サイズにカットされた「切りずし」の詰め合わせをご紹介します!

ユネスコの世界自然遺産にも登録された白神山地から流れ込む近海で獲れた鮮度抜群のハタハタに、八峰町産あきたこまちを100%使用し、人参や生姜で漬け込んだ逸品です。

口に含めば思わず、郷愁を誘う深い味わいをぜひお試しください。

【秋田名産ハタハタ一匹・切りずしセット】はこちら

後文【国産原料全量使用 稲庭うどん国産そばセット】

0608_2

稲庭うどん発祥の地、秋田県湯沢市稲庭町で大正13年に創業した稲庭うどんの老舗・後文の 「稲庭うどん」と「稲庭まっさらそば」の詰め合わせをご紹介します。

4日間の工程をかけ、極限まで麺の「コシ」を追求した「稲庭うどん」と、蕎麦粉の香り豊かで喉ごしのよい「稲庭まっさらそば」。100%国産原料にこだわり、再生原料不使用(=端切れを再利用しない)という信念のもと作られた後文の最高品質です。

夏は、冷やしてつけめんで。冬は、温かくお好みのつゆでお召し上がりください。 稲庭うどんの端切れは、こだわりスーパーなどでもよく見かけることができ、日常使いにおすすめです☆

【国産原料全量使用 稲庭うどん国産そばセット】はこちら

三四郎旅館【きりたんぽ鍋セット】

0608_2

秋田県と青森県の県境に位置する岩舘地区で、老舗旅館として知られる三四郎旅館より、炭火焼の手作り「きりたんぽ鍋セット」をおすすめします!

三四郎旅館の名物料理は、目の前にある岩舘漁港で水揚げされた新鮮な魚介料理ときりたんぽ鍋。地元秋田の人からもお墨付きをもらう三四郎旅館のきりたんぽ鍋は、旅館の囲炉裏端で焼き上げた「きりたんぽ」にセリ、舞茸、ゴボウなど旬の野菜や地鶏肉を加え、日内地鶏のスープで煮込む昔ながらの手作り鍋です。

出汁が濃厚で、きりたんぽが美味しい!と喜びの声が届く逸品をぜひ試してみてくださいね!

【きりたんぽ鍋セット】はこちら

餃子の餃天【情熱の赤餃子】

「情熱の赤餃子」をご紹介します!

秋田で餃子⁈と驚かれるかもしれませんが、国産唐辛子と韓国産唐辛子を練り込んだピリ辛の皮と、ジューシーな肉の旨味が絶妙なバランスの絶品餃子です。国産原料にこだわり、化学調味料・保存料無添加というところも◎です。

別売りの至福の白餃子と合わせれば、見た目も華やかでお祝いの席に最適な「紅白餃子」になり、贈答用としても大変喜ばれています。

【秋田の名物料理5選】大切な方に届けたい逸品集めました☆いかがでしたか?

一度食べたら忘れられない、秋田の冬の風物詩「はたはたずし」に老舗割烹の鮮魚の味噌漬けなど、一口食べれば思わず「うんめぇ。。。」と声に出してしまいそうな名物料理をご紹介しました。秋田出身の方にはもちろんのこと、県外の方にもぜひ知って頂きたい絶品の秋田名物をぜひ味わってみてくださいね!

秋田県のまとめをもっと見る<スイーツ|名 物|名 産|特 産|土 産>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。