福井に行ったらこれ買って!おすすめのお土産5品をご紹介!

土地ごとのお土産を買うのは、旅行の醍醐味でもありますよね。自然の恵みがたっぷりの福井県には、古い歴史を持つものや産物を活かしたものなど数多くの品があり、お土産選びに困ることはありません。今回はその中から、買って嬉しい、贈っても喜ばれるお土産5品をご紹介します。いずれも手頃なお値段ですので、福井県に出かける際の参考にしてみてください。

フジショク にしん寿司

F04670002_0

「にしん寿司」ってご存知ですか?酢飯を使ったいわゆるお寿司とは違いますが、福井県の港町敦賀に伝わる伝統の郷土料理です。

江戸時代、北前船が盛んに往来していた敦賀の港では、北海道からの産物である大量の身欠きにしんが荷揚げされていました。そのにしんを大根と一緒に麹で付け込んだなれずしが「にしん寿司」です。現在でも、正月や祭事には欠かせないご馳走として地元の人々に愛されています。

柔らかくなったにしんの身と、酸味を帯びた大根との相性は抜群。そのままはもちろん、さっと炙って麹の甘みを際立たせるのも◎。ご飯のお供やお酒のアテに、ひと口食べればすぐ次が食べたくなる美味しさですよ。

【にしん寿司】はこちら

松岡軒 羽二重餅

福井県の有名な菓子土産と言えば、やはり銘菓の「羽二重餅」ははずせません。

多くの和菓子店などで作られていますが、特におすすめなのは松岡軒。羽二重餅発祥の店として知られ、明治30年の創業以来、この銘菓と共に歩んできた老舗です。菓子の名前は、創業者の実家が家業にしていた羽二重織物にちなんで付けられたと言われています。

蒸した餅粉に砂糖や水あめを加え、丁寧に練り上げて作られる「羽二重餅」は、絹のようになめらかな舌触りと艶やかな白さが特徴です。創業当時そのままの味を守り続ける松岡軒の「羽二重餅」は、福井土産に最適な逸品ですよ。

米工房ほ・た・る おかきとあられのセット菜野里

S09060001_1

山林に囲まれ、夏には蛍が舞う福井県美山地区。その美山で育ったもち米「蛍米」と、同じく美山育ちの季節の野菜をふんだんに使用して作られたのが「菜野里」です。

よもぎやかぼちゃ・赤かぶらなど、その時採れる野菜を使うため、季節によって違う味が楽しめるのが嬉しいところ。着色料は一切使用せず、素材の色そのままが活かされています。かなり厚みのあるかきもちとあられは意外にやわらかく、サクサクとした食感で飽きのこない美味しさです。

化粧箱入りなので、贈りものとしても利用できます。お買い求めはJA福井市喜ね舎の他、福井西武、かじ惚などでどうぞ。

【おかきとあられのセット 菜野里】はこちら

近ちゃんふぁ~む 万能タレ ものがたれ。

S70260001_2

お料理が好き、食べることが好き、そんな方へのお土産に調味料はいかがでしょうか。

坂井市三国町の丘陵地にある梨園「近ちゃんふぁーむ」では、自慢の梨を使用した万能たれ「ものがたれ。」を製造販売しています。韓国料理ではおなじみの食材ですが、和食で使われることは少ない梨。ミネラルが豊富で肉を柔らかくする効果があり、料理の隠し味になる事を広く知ってほしい、「ものがたれ。」はそんな思いから作られました。

糖度13度以上のさわやかな甘みと水分たっぷりの梨を50%以上使用した万能たれは、肉や魚・豆腐・煮物やサラダなど、どんな料理とも相性抜群です!フルーティーな旨味がたっぷりで、お料理のレパートリーを広げてくれますよ。

【万能タレ ものがたれ。】はこちら

タナカ カメリアウォーター ローズ

S10300007_1

食品以外のお土産が欲しい方におすすめなのが、椿油の製造販売を行っている株式会社タナカの「カメリアウォーター ローズ」です。

原料となる椿の種子は、若狭湾地域などに自生するヤブ椿を手作業で収穫したもの。ご紹介の「カメリアウォーター ローズ」は、生搾りの自然派椿油に世界一香り高いダマスクローズを配合し、使いやすいように調整されたローションです。

モイスチャーウォーターとしてフェイスやボディーに、寝ぐせ直しやヘアコロンに、その他リフレッシュスプレーとしての利用もOK。ミストタイプでべたつかず、手頃な大きさのボトルは持ち運びにも便利です。女性へのお土産として、喜ばれること間違いなしですよ!

【カメリアウォーター ローズ】はこちら

福井県でおすすめのお土産5品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

定番中の定番「羽二重餅」や伝統食の「にしん寿司」、乾いたお肌に嬉しい「カメリアウォーター ローズ」など、ギフトだけではなく自分でも欲しくなるものばかりですね。これらのお土産を求めて、次のお休みには福井県に出かけてみませんか?もちろん、お取り寄せで旅行気分を味わうのもアリですよ!

福井県のまとめをもっと見る<スイーツ|名 物|名 産|特 産>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。