あっれうっまいちゃ~!富山の美味しい名産5品をご紹介!

黒部ダムや置き薬で有名な富山県は、海の幸と山の幸両方に恵まれた食材の宝庫として知られています。天然の生簀と言われる富山湾のホタルイカや寒ブリ、立山連峰からの天然水で造られる地酒など、名産と呼ばれるグルメも沢山あるところです。この記事では、ひと口食べれば「美味しい!」と言わずにいられない、そんな5品を選んでご紹介します。

平ら寿し本舗 ますの寿し 二重

S41040002_1

サーモンピンクが色鮮やかなます寿司は、駅弁フェアなどでもおなじみの富山県の名産です。ます寿司は、酢で味付けをしたサクラマスを用いた押し寿司の一種で、県の郷土料理として知られています。

江戸時代の頃には、現在の形態になったと言われているます寿司。県内には人気店がいくつもありますが、その中から今回ご紹介するのは、平ら寿し本舗の「ますの寿司 二重」です。

紅色のますを厳選して作られた「ますの寿司」最大の特徴は、やはりその形。切り分けやすさや食べやすさにこだわった角型は、なんと業界初なのだとか。上品な味付けと見た目の華やかさは、贈り物としてもおすすめです。

【ますの寿し 二重】はこちら

あいば食品 ほたるいか塩辛3本セット

S03520006_1

富山湾の春の味覚であるほたるいかは、塩辛や沖漬けとしても親しまれています。富山県で特に有名なのが、イカ墨を用いて作る黒づくり。

富山の幸を全国に届けているあいば食品では、ムラサキイカとモンゴウイカの墨を混ぜ合わせた黒づくりやワタを和えた本格的な赤作り、コクのある風味とツルッとした食感が特徴の沖漬けを製造販売しています。使用するほたるいかは、もちろん新鮮捕れたて。3種類すべてに、栄養豊富で人体に馴染みやすいと言われている海洋深層水が使われています。

酒の肴にもご飯のおかずにも最適な「ほたるいか塩辛」3本セット、それぞれの味をお楽しみください。

【ほたるいか塩辛3本セット】はこちら

すし幸 昆布じめ刺身

S08740001_1

かつて北前船の寄港地であった富山県では、北海道からの良質な昆布が運ばれてきました。富山県では昆布は獲れないものの、調査によると富山市における消費量は全国第1位を誇るのだとか。

その昆布を利用した料理のひとつが「昆布じめ刺身」です。薄くさばいた魚の身を、酢を塗った昆布で挟むようにして〆てあります。ご紹介の昆布じめに使用されている刺身は、富山湾ではおなじみのブリに白えび、そして刺身の味は最上級と称されるマカジキの3種類です。

昆布ごとそのままでも昆布を取ってわさび醤油でも、食べ方はお好みしだい。生魚が苦手な人に昆布じめ刺身ならOKと言わしめる富山の味、一度は食べなきゃ損ですよ!

【昆布じめ刺身】はこちら

皇国晴酒造 大吟醸 幻の瀧 奥秘峡

S42000001_1

良質な米と数々の名水、そして酒造りに適した気候に恵まれた富山県では、能登杜氏や越後杜氏を中心にした富山ならではの地酒が造り出されています。

そのひとつが、皇国晴酒造(みくにはれしゅぞう)の「大吟醸 幻の瀧 奥秘境」です。酒米の代表格である山田錦を精米歩合40%にまで磨き上げ、酒蔵敷地内に沸く名水百選「岩瀬家の清水」でじっくりと醸しています。

キリッと辛口ながら米の旨さとほのかな甘さが調和し、メロンのように華やかで軽い吟醸香が特徴的な奥秘境。良い意味でクセがなく、女性にも人気の高いお酒です。よく冷やしてからお召し上がりくださいね。

【大吟醸 幻の瀧 奥秘峡】はこちら

紺田糀・味噌醸造所 糀こだわりセット

S08770001_1

近年、さまざまな健康効果や美容効果が期待できるとあって麹食品が人気です。

砺波市にある紺田麹・味噌醸造所では、県内産コシヒカリや地元庄川の清冽な水などの選び抜いた最高の原料を使用し、天然醸造による味噌や麹たっぷりのかぶら寿司などを製造販売しています。

そんな麹専門店が昔ながらの味を詰め合わせたのが、「麹こだわりセット」です。セット内容は、サバのかぶら寿司、寒仕込みそ、ゆずみそ、ごまみそ、塩麹の5品入り。味噌汁や田楽など、身体に優しい麹をさまざまな料理でお楽しみいただけますよ。

【糀こだわりセット】はこちら

思わず「美味しい!」と言ってしまう富山県の名産5品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

富山だからこそ手に入る新鮮食材や大自然からの恵みである清水を使った品々は、自分がプレゼントされたら嬉しくなるものばかりですよね!富山未体験の方も、なかなか故郷へ帰れない富山出身の方も、この機会に是非お取り寄せしてみてください。

富山のまとめをもっと見る<スイーツ|名 物|名 産|特 産|土 産>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。