お取り寄せしたい富山県のスイーツ♡甘い物好きの方必見です!

甘いものが大好き、スイーツのためなら少し遠くても出かけて行きたい、そんな方におすすめのお取り寄せできる富山県発スイーツ5品のご紹介です。縁起の良い菓子として長年愛されている焼菓子や全く新しいスタイルを追求した最中、富山のシンボルを形にしたお菓子など、銘菓と呼ぶにふさわしいのもばかりを集めました。是非、富山県のスイーツ選びの参考にしてください。

松原清松堂 六芳焼

S08720001_1

「六芳焼」は、高岡市に店舗を置く松原清松堂が、明治33年の創業以来作り続けている伝統の焼き菓子です。

高岡の名水弓の清水を使用して練り上げた小麦生地で小豆のこし餡を包み、一つひとつ丁寧に手焼きされる「六芳焼」は縁起の良い亀甲型。高岡では、進物や土産物、祝い事の菓子として古くから用いられてきました。しっとりとした食感と素朴な甘さの菓子に派手さはないものの、トッピングされた越中八尾の黒ごまが豊かに香り、落ち着いた銘菓の風格を感じます。

遠く県外から買い求めに来る人もいる高岡伝統の焼き菓子を、ぜひ一度お召し上がりくださいね!

【六芳焼】はこちら

サクラスイーツ クラシックチーズケーキ

富山で深く長く人々に愛され続けているチーズケーキ、それがサクラスイーツの「クラシックチーズケーキ」です。

フィリングには富山県産コシヒカリの米粉をブレンドしたフランス産クリームチーズを使用し、ふんわりと柔らかくなめらかな口溶けを実現。チーズの風味を引き立たせるタルト生地には、ミネラル豊富な入善町の海洋深層水が使用されています。タルトのエッジ部分がボコボコとしているのは、一つずつ手作りをしている何よりの証です。

濃厚なのにレアな味わいを目指して作られた「クラシックチーズケーキ」は、かしこまらないギフトに最適な一品です。表面に施されたサクラの模様も可愛らしいですよ!

髙野屋商店 最中の皮屋のもなか

S01390001_1

和菓子の定番のひとつ、最中。もち米から作られたサクッと軽い皮の食感が好きな方も多いのではないでしょうか。

そんな方に是非とも食べていただきたいのが、髙野屋商店の「もなかの皮屋のもなか」です。作り立ての最中の皮で、小瓶に入った付属のつぶあんをすくって食べるスタイルになっています。フィンガーサイズの皮は、そのまま食べて香ばしい風味を味わったり、クリームチーズやジャムなど、お好きなものを付けて食べるのも◎。

もち米粉の製粉から焼き上げまですべてが手作りで仕上げられた「最中の皮屋のもなか」で、あなただけの美味しさを追求してみるのも楽しいですよ。

【最中の皮屋のもなか】はこちら

天吉屋天谷菓子舗 サブレと焼き菓子の詰め合わせ

S08710001_1

高岡市戸出の上使街道沿いに、慶応元年(1865年)から続く老舗和菓子屋の天屋菓子舗があります。「天吉屋」の屋号を持つ天屋菓子舗が昔ながらの製法で作る洋風焼菓子が、「御旅屋門」と「御旅屋門サブレ」です。

加賀藩の歴史を今に伝える御旅屋門のこけら葺き屋根をイメージして作られた焼菓子は、県内産コシヒカリやゴマ、アーモンドなどを用い、地元高岡で栽培された菜の花から採れるなたね油を使用して作られています。カリっとサクサクした食感と広がる香ばしさは、後を引く美味しさです。

緑茶やコーヒーなど、お好きな飲み物と一緒にお召し上がりください。箱入りの詰合せは、お土産や贈りものにも便利ですよ。

【サブレと焼き菓子の詰め合わせ】はこちら

北海屋菓子舗 らい鳥っ子・頂上の月 詰め合わせ

S08810001_1

一目見てすぐに富山を連想できる、そんなお菓子をお求めの方におすすめなのが、北海屋菓子舗の「らい鳥っ子」と「頂上の月」です。

立山に生息する代表的な高山鳥であり、県鳥にもなっているライチョウを模った「らい鳥っ子」は、黄身餡を包み込んだ焼き饅頭。背中にホワイトチョコレートを乗せた姿が可愛らしいお菓子です。

一方の「頂上の月」は、カスタードクリーム入りの柔らかい蒸しカステラで、立山の主峰雄山の頂上から出る月を表現しています。

創業から100余年、新鮮な素材と作り方、そして味にこだわり続ける老舗店自慢の「らい鳥っ子」と「頂上の月」、是非セットでお召し上がりください。

【らい鳥っ子・頂上の月 詰め合わせ】はこちら

お取り寄せしたい富山県のスイーツをご紹介しましたが、いかがでしたか?

食材の宝庫とも言われる富山らしく、米粉や菜種油などの地元の素材を味わえるだけでなく、「らい鳥っ子」のように目でも富山を楽しめるのは嬉しいですね。お取り寄せでスイーツを満喫したら、次は富山へ足を運んでみませんか?さらなる美味しさを発見できるかもしれませんよ!

富山のまとめをもっと見る<スイーツ|名 物|名 産|特 産|土 産>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。