【北海道名産】日本一のそばの産地・北海道からこだわりのそば5選をご紹介します!

北海道が日本一のそば産地ということをご存知の方は少ないのではないでしょうか? 平成29年度には全国のそば粉生産量のおよそ50%以上を占め、そば処で有名な長野(6.2%)や栃木(5.6%)と比べても圧倒的な生産量を誇っています。実は北海道民でも知る人は少ないのですが、日本一のそば作付け面積を誇る幌加内町をはじめ、北海道各地では「キタワセソバ」「ぼたん蕎麦」「韃靼そば」などの熱いそば栽培が行われています。そば通なら一度は訪れたい北海道のそば産地より、選りすぐりのそばをご紹介します!

新得そば本舗【新得そばセット】

F05010001_1

北海道の山あいに位置する新得そば本舗は、北海道玄そば100%にこだわる小さなそば工場です。

自社農園で「ぼたん蕎麦」を中心に作付けし、大切に育てたそば粉のみを使用。そばの風味を損なわないよう細心の注意を払って、自社製粉・乾燥を行い、出来たてをお客様に届けています。

おすすめする詰め合わせは、新得八割そば・源流新得そば・新得五割そば3種に、合成保存料・人工甘味料無添加の「麺つゆ」がセットになっています。産地直送のこだわりそばセットは、大切な方へのギフトに最適ではないでしょうか?

【新得そばセット】はこちら

そばの坂本【幌加内開墾二八蕎麦】

F05720001_0

北海道北部にある幌加内町は、そば粉生産日本一を誇るそばの里。湿度が低く、昼夜の寒暖差があり、早朝には朝霧がたちこめるといった地域の気候風土が、上質のそばを育てます。 そばの坂本では、自社のそば畑で収穫した玄そばの風味を大切に熱を加えずに乾燥させ、ゆっくり丁寧に昔ながらの石臼挽きで製粉します。

写真をよくご覧いただくと乾麺なのに真っすぐではないのがお分かりいただけるでしょうか? これは、独自製法で、食塩不使用の二八蕎麦を丁寧に一人前ずつ製麺しているためです。坂本勝之さんが作る、こだわりのそばをぜひご賞味ください!

【幌加内開墾二八蕎麦】はこちら

小林食品【満天きらりダッタンそばセット】

S62980001_0

おすすめする「満天きらりダッタンそばセット」は、乾麺と生そば両方が楽しめる北海道産韃靼そばとそば茶の詰め合わせです。

満天きらりとは、雄武町で栽培される韃靼そばの新品種。オホーツク海沿岸に位置し、真冬には流氷が接岸する町・雄武町の厳しい気候風土のもと、農薬や化学肥料にできるだけ頼らず栽培されています。長年研究を重ね栽培に成功した満点きらりは、通常のそばに比べ、100倍ものルチンを含んでいるのが特徴です。

第13回産学官連携農林水産大臣賞受賞した雄武町のご当地そばを、ぜひ一度お試しください。

【満天きらりダッタンそばセット】はこちら

新得そば本舗【ぼたん蕎麦&つゆセット】

F05010002_0

北海道で作付けされてきた在来種「ぼたん蕎麦」は、背丈が高く倒れやすいため栽培が難しいとされる品種です。また収穫量も少ないことから、今では希少なそば粉となっています。

おすすめする「ぼたん蕎麦&つゆセット」は、新得そば本舗の自社農場で農薬や化学肥料に頼らず栽培された、こだわりのぼたん蕎麦を使用。合成保存料・人工甘味料等不使用の麺つゆがセットになっています。自家製粉にこだわり、一昼夜かけてじっくり低温乾燥された格別の風味をお楽しみください♪

【ぼたん蕎麦&つゆセット】はこちら

曽根 和行【蕎麦屋の石臼自家製粉そば粉】

S68980001_1

「自分でそば打ちたい」という本格派の方にぜひおすすめしたいのが、「蕎麦屋の石臼自家製粉そば粉」です。

そば処「雪月花」のご主人・曽根 和行さんは、そばの聖地・北海道幌加内町で、日本一を目指すそば職人です。

幌加内そばを最高の状態で提供したいと、毎朝昔ながらの石臼で製粉し、本格的な手打ち製麺を行っています。「そばを極めるなら畑から」というこだわりをもつ曽根さんが厳選したそば粉は、新鮮で香りが高いのが特徴です。ご自宅で楽しくそば打ちをしてみてはいかがでしょうか?

【蕎麦屋の石臼自家製粉そば粉】はこちら

【北海道名産】日本一のそばの産地・北海道からこだわりのそば5選をご紹介します!いかがでしたか?

ルチンを豊富に含む韃靼そばやそば通の聖地、幌加内町産そばなど、厳選そばをご紹介しました。いずれも栽培から製粉・製麺に至るまで、こだわりがたっぷり詰まったそばです。生そばからそばの実茶まで、そばの世界を堪能できる商品だったのではないでしょうか?北海道のそば産地は、ほかにもまだまだあります。少しでも気になったら旅行プランにぜひ取り入れてみてくださいね♪

北海道のまとめをもっと見る<スイーツ|名 物|名 産|特 産|土 産>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。