【沖縄名物5選!】沖縄好き喜んでもらえる名物をお届け!

沖縄名物といえば、沖縄そばにラフテー、サーターアンダギーにタコライス!と挙げればきりがないほどですよね!定番から今後ヒットが期待できそうな人気の沖縄名物5選をご紹介します!

赤マルソウ【ぬちまーすドレッシング】

S07290005_2

沖縄の糸満市で1950年に創業した老舗調味料屋・赤マルソウが作る、化学調味料不使用のドレッシングです。

沖縄の海塩「ぬちまーす」は、ミネラル含有量が豊富でギネスにも認定された塩です。うるま市にある製塩ファクトリーの目の前には、美しい絶景と真っ青な海が広がり、その海水を汲み上げ「ぬちまーす」を作っています。

「ぬちまーす」の美味しさを最大限に生かし、サラダはもちろんのこと、お料理にも使えるぬちまーすドレッシングです。肉料理にも魚料理にも大変相性が良いので、一家に一瓶、万能調味料として常備するしてみてはいかがでしょうか。

【ぬちまーすドレッシング】はこちら

三倉食品【沖縄与那原そば】

S62320001_1

沖縄のご当地グルメで絶対外せないのが「沖縄そば」ですよね。一日あたり15~16万食も食べられるという沖縄県民の食ライフになくてはならない郷土料理です。

おすすめする「沖縄与那原そば」は、沖縄そば店が数多く並ぶ与那原町にある老舗メーカーが作っています。元祖沖縄そばといわれ、仕込みに10時間はかかるあっさり味のカツオだしスープと、コシのある自家製麺が特徴です。厚めにスライスされたうまみ凝縮の三枚肉や、カマボコ、島唐辛子がセットされているから、ご自宅で簡単に本場の味を再現できます。

【沖縄与那原そば】はこちら

沖縄トータルサービス【トータル天然だし】

S07210002_2

長年沖縄の学校給食に携わってきた会社、沖縄トータルサービスの「トータル天然だし」が人気です!

子供たちの食を支えてきた「トータル天然だし」は、塩分・化学調味料等不使用で、天然成分100%。いわし、カツオ、昆布、椎茸、無臭にんにくなどがバランスよく配合され、素材のうま味がぎゅっと詰まっています。超微粒子レベルまで細かくなっているため、水にサッと溶け、お吸い物やお味噌汁をはじめ、素材の栄養を丸ごと頂けます。

沖縄の家庭の味を支えてきた優しいお出汁は、思わずリピしたくなる逸品です。

【トータル天然だし】はこちら

UMINCHI「海の道」【ぷちぷち海ぶどう】

S07080004_3

プチプチとした食感が美味しい海ぶどうですが、沖縄を離れるとなかなか食べられないのが残念ですよね。ビタミン・カルシウム・鉄分などが豊富で、しかも低カロリーな海ぶどうは、健康志向の方にぜひおすすめしたいヘルシーフードです。

ご紹介する「ぷちぷち海ぶどう」は、沖縄本島最南端のまち、糸満沖の美しい海水を使って大切に育てられました。栽培農園の名前は、UMINCHI「海の道」。東京から沖縄へ移住したご夫婦が、豊かな大地と海の恵みに感謝しつつ、子どもを育てるように育てた海ぶどうです。UMINCHI「海の道」では収穫体験もできるので、沖縄旅行の立ち寄りポイントにもおすすめです。

【ぷちぷち海ぶどう】はこちら

わかまつどう製菓【紅芋きんつば】

S07290005_2

沖縄県豊見城市で昭和45年に創業した老舗わかまつどう製菓の「紅芋きんつば」がおすすめです。「ちんすこう」や「さーたーあんだぎー」など沖縄を代表するお菓子を手作りにこだわり作り続けています。

ご紹介する「紅芋きんつば」は、沖縄の特産品、「紫芋」を丁寧に裏ごしし、薄皮で包んだ上品な和菓子です。美しい紫色が映え、紫芋本来の風味と優しい甘さが特徴です。一口食べれば、柔らかく練り上げられたお芋の滑らかな口溶けが楽しめます。着色料不使用で、未開封だと40日日持ちするのも◎です。

【紅芋きんつば】はこちら

【沖縄名物5選!】いかがでしたか?

沖縄は、日本の中でも独自の食文化を有する希少な存在です。ご紹介した名物は、どれも沖縄の家庭の味を守ってきた食材ばかり。沖縄の味が恋しくなったら、ぜひ試してみてくださいね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。