兵庫県の名産は美味揃い!絶対に一度は味わってみたい5品を紹介!

兵庫県の名産品には食べ物がとても多いのですが、今回その理由を探るために地図をじっくりと眺めてみました。南北に長い兵庫県は、日本海と瀬戸内海という二つの海に接しています。さらに六甲山脈や淡路島など自然に恵まれた土地であり、山・海・川からの恩恵を受けて、たくさんの名産を生み出してきたのでしょう。兵庫県の名産が、他県では味わえないグルメ品ばかりなのもうなずけますね。ここで紹介する5品も、一度は必ず味わってほしい名産品揃いです!

こんぱす 神戸牛神戸ポーク入りプレミアムハンバーグ 

日本だけでなく、世界にも名高い神戸牛を使った名産を紹介しましょう。神戸牛は日本三大和牛のひとつで、兵庫県で生産された但馬牛が一定の基準を満たした場合にのみ使えるハイブランドな名前です。兵庫県の名産として人気上昇中の「神戸牛神戸ポーク入りプレミアムハンバーグ」は、地元産食材にこだわった料理を提供している鉄板焼神戸Fujiの看板グルメです。神戸牛と神戸ポークの合挽きミンチに、甘みのある淡路島産玉ねぎをミックスし、厚さ25ミリの鉄板で焼き上げた上、特製デミグラスソースで煮込んであるので、温めるだけでレストランの味が楽しめます。食べ応え満点の180gビッグサイズが5個入っているので、ギフトにはもちろん、ご家族全員で贅沢なハンバーグを味わうことができますね!

【神戸牛神戸ポーク入りプレミアムハンバーグ】はこちら

六甲味噌製造所 芦屋蔵造6個セット

兵庫県の芦屋マダムたち御用達の名産のひとつに、芦屋蔵造の味噌があります。贈答品として重宝されている味噌は、味にうるさい人々から太鼓判を押されるだけあって、六甲山裾野の芦屋の蔵で醸造された風味豊かなものばかりです。手間隙かけて糀をじっくりと熟成させた長熟味噌をはじめ、田舎味噌・赤だし味噌・追糀味噌・白味噌がセットになっています。和モダンな贈答品としてもセンスが良く、どなたにも喜んでいただけること間違いありません!

【六甲味噌製造所 芦屋蔵造6個セット】はこちら

丹波篠山はべ黒庵 丹波黒と丹波大納言の栗・抹茶ぜんざい

兵庫県の名産で有名なのが、丹波の黒豆。関西地方のみならず、お正月の黒豆煮は丹波産でなくては!という方も多いはずです。丹波地方特産は黒豆だけでなく、大納言小豆もとても美味ですので、ぜひ味わっていただきたい名産として黒豆煮とぜんざいを紹介します。じっくりと煮上げたまろやかな甘みの「丹波黒煮豆」、「丹波大納言栗ぜんざい」「丹波大納言抹茶ぜんざい」の詰め合わせは、それぞれ2袋がセットになっています。お土産としても贈答品としても、どなたにも喜んでいただける名産品ですよ。

【丹波黒と丹波大納言の栗・抹茶ぜんざい】はこちら

日の出通商但馬醸造所 美女酢セット

いまや「酢」は、料理に使う調味料だけでなく、健康と美容に効果が期待できる飲み物としても安定の人気を誇っています。そこで、兵庫県の新しい名産品として注目されている「美女酢セット」を紹介しましょう。兵庫県養父市にある但馬醸造所では、地元産の醤油や柚子を使った製品を開発したり、農家とともに自社栽培米から純米酢を作るなど、地域活性化にも貢献しています。人気の「美女酢」は、ブルーベリーをふんだんに使用し、奇跡のフルーツ「アサイー」とマロニエ蜂蜜で仕上げた飲料酢で、炭酸や水で薄めて飲む以外にも、ヨーグルトにかけたりアルコールと割っても美味しい人気のお酢です。詰め合わせとして「酢料理名人」、「コウノトリ育むお米の純米酢」、「ゆずぽん酢華」もセットになっていますので、家庭用にはもちろん、ヘルシーな贈り物としても喜んでもらえるはずです!

【美女酢セット】はこちら

もちむぎ食品センター 福の糸

兵庫県の名産のひとつに「素麺」があります。普通、素麺には小麦粉を使用しますが、ここではもち麦を使った素麺を紹介します。お米に「もち米」があるように、麦にも「もち麦」という、モチモチした品種があるのはご存知ですか?もち麦は、兵庫県福崎町で昭和の初めごろまで栽培されていたのですが、戦争などの理由で一時期途絶えていました。それが復活したのが昭和61年で、食物繊維を多く含む健康食品として人気を博してきています。もちむぎ素麺は見た目は蕎麦のようですが、もちっとした食感と香ばしさ、うどんのようなコクがあり、取り寄せるファンもたくさんいる逸品です。健康を気にする方への贈り物にも最適ですね。

【福の糸】はこちら

兵庫県の名産品から、グルメな5品を紹介しましたが、いかがでしたか?

兵庫県は、本州の北から南を陸路で横断するためには必ず通過しなければならない場所でもあります。自然に恵まれているだけでなく、古くから交易のあった土地ですので、美味しい名産品が生まれたのも不思議ではありませんね。他の地方では絶対に味わえない逸品を、ぜひこの機会にご賞味ください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。