兵庫県のお土産は和モダンでお洒落!絶対に喜んでもらえる土産5選

広大な面積を持つ兵庫県には、淡路島や鳴門海峡をはじめ、港町神戸の異人館や中華街、有馬温泉、宝塚歌劇などたくさんの観光地があります。それゆえ、お土産の数も膨大で、何を買えばいいのか迷う人も多いでしょう。そこで、関西在住の筆者が和モダンで誰にでも喜んでもらえるお土産をチョイスしてみました。兵庫県を訪れる前にリサーチしておくと、お土産選びに戸惑いませんよ!

いづみや製菓 丹波せんべい三宝詰め合わせ

兵庫県の名産といえば、真っ先に思いつくのが「丹波の黒豆」という人も多いはずです。丹波地方で創業70年以上の老舗せんべい屋「いずみや製菓」の「丹波せんべい三宝詰め合わせ」なら、どなたにも満足していただける兵庫土産になること間違いありません。詰め合わせには、丹波名産の黒大豆・丹波栗・丹波大納言小豆を使ったせんべいが入っています。昔ながらの製法で焼き上げた手作りのせんべいは、化学調味料無添加ですので、どなたにも喜んでいただけるお土産です。黒大豆せんべい4枚、丹波栗せんべい48枚、丹(まごころ)焼き9個がセットになっているので、大家族から会社へのお土産にも最適ですね!

【丹波せんべい三宝詰め合わせ】はこちら

大徳醤油  ノンオイルドレッシングセット 5種

お料理好きなお友達や味にうるさい方へのお土産に、兵庫県の醤油屋さんが作ったノンオイルドレッシングはいかがでしょうか?大徳醤油のドレッシングは、自社で長期発酵・熟成した国産有機醤油をベースに、国産有機野菜をたっぷりブレンドしています。有機醤油のコクと野菜が持つ旨み、そこに有機米酢の酸味を絶妙なバランスで配合してあるので、サッパリとした味わいで和洋どちらのお料理にもマッチします。ノンオイルドレッシングは、しょうが・さんしょう・とまと・たまねぎ・かぼちゃの5つの素材をベースにした5本セットですので、一本ずつお土産に配るのもいいですね!

【ノンオイルドレッシングセット 】はこちら

淡路梅薫堂 お香詰め合せ

兵庫県淡路島を訪れたら、ぜひ手に入れてほしいお土産が「淡路梅薫堂」のお香です。淡路島で明治38年に創業した淡路梅薫堂は、よりよい香りを手向けるのは美しい花をお供えするのと同じという、真心を込めた供養になくてはならないお線香やお香を販売している老舗香堂です。お香の詰め合わせ「精油のしずく 癒しの時間」は、高品質の天然精油だけを使用しているため、お供えはもちろんのこと、癒しの空間作りに欠かせないフレグランスとして、お部屋や玄関への使用をお勧めします。バラのような香りの「ゼラニウム」、心や身体の疲れを癒す効果が期待できる「ラベンダー」、爽やかな香りでリフレッシュ効果の高い「レモングラス」のお香がセットになっています。さらに、香立てつきのコーンタイプとラベンダーポプリも入っているので、それぞれをお土産で配るのもOK!大切なお友達へのお土産として重宝しますよ。

【お香詰め合せ】はこちら

芦屋日記 芦屋日記のビーフカレー

兵庫県の芦屋といえば、高級住宅地やお洒落なレストランが立ち並ぶ地区として有名ですね。そんな芦屋に1986年に創業した「Bar芦屋日記」は、バーでありながら口コミでカレーが有名になったお店です。今では「うち、カレー屋ちゃうで」のキャッチコピーで、地元ですっかりお馴染みになっています。英国から伝わったカレーにこだわって二年半かけて研究したカレーは、濃厚なルウと直前焙煎の挽きたてスパイスが香り立つ大人の中辛カレーです。Barのマスターがこだわり抜いた至極の味をレトルトにした「芦屋日記のビーフカレー」10個セットは、兵庫土産として配るのにピッタリ。グルメな方やカレー好きなお友達へのお土産にいいですね!

【芦屋日記のビーフカレー】はこちら

六甲味噌製造所 フリーズドライ六甲みそ汁

兵庫県のお土産なら、芦屋マダム御用達のフリーズドライ味噌汁はいかがでしょうか?六甲味噌製造所がこだわりをもって作ったフリーズドライ味噌汁は、インスタントとは思えないほどの香りと深い味わいが楽しめます。詰め合わせの種類は、なめこ・なすび・たまねぎ・とうふとわかめがそれぞれ三個ずつセットになっています。お湯を注ぐだけで簡単にできるので、朝の忙しい時間に料理をする暇がない方やひとり暮らしの方へのお土産としても、オフィスへのお土産として配ってもいいですね。

【フリーズドライ六甲みそ汁】はこちら

兵庫県のひと味ちがうお土産5品、いかがでしたか?

関西在住の筆者が太鼓判を押すものばかりです。 和モダンなティストの品揃えなので、どんな年齢の方へのお土産にも重宝するでしょう。女性向きのお香セットから、簡単に調理できるカレーやお味噌汁など、様々なバリエーションから選べるので、みんなに喜んでもらえること間違いありませんね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。