官民共同開発の北海道産コーン粉スナック第一号「ポンタベール」

「ポンタベール」はポン菓子なので、サクサクとした食感なのに油で揚げていません。だから他のスナック菓子より低脂質で低カロリー。しかも、お腹でふくれて腹持ちが良いのでダイエット中のオヤツにも最適です。味付けはシンプルで化学調味料は無添加。日本初!北海道産100%のコーン粉で作った新しい菓子の美味しさを素直に味わえます。

国産初!北海道産100%コーン粉原料のお菓子プロジェクトへの挑戦

0045_6

北海道の経済を支える各機関は、大きなプロジェクトを抱えていました。テーマはマルチコーンの食品利用です。3通りに使えるからマルチなコーン。収穫したトウモロコシは食品用の“コーン粉”や家畜の“飼料”となるうえ、栽培後は畑の“地力が回復”して、次に小麦畑にすると収量が増えます。問題は国内にコーン粉の製造ノウハウがないこと。せっかく原料はあるのに設備がなく、コーン粉はほぼ100%を輸入に頼っています。

このような現状に危機感をつのらせ、マルチコーン加工設備の設置を目指しますが、粉だけ作っても用途がなければ売れません。そこで国産初のコーン粉商品を開発するパートナーを探すべく、ほんだ菓子司に声がかかります。こうして、創業以来、地元産原料にこだり、地元での信頼を培ってきたほんだ菓子司の新たなお菓子作りの挑戦が始まりました。

新しい商品開発への構想が老舗お菓子メーカーとしての使命感とぴったりはまった

0045_9

「ほんだ菓子司」の商品は甘くて濃厚なイメージなのに「ポンタベール」はサクサク軽い塩味系スナック。なぜ正反対の方向に飛躍したのか不思議です。実は、開発企画が持ち込まれた時点で、ある程度のイメージがあったといいます。1つは、以前から常連のお客様より「しょっぱい系のお菓子も欲しい」というリクエストをいただいていたこと。もう1つは、知り合いのだしメーカーの社長様に教えていただいた和風出汁が素晴らしかったこと。「次は和風だし味のお菓子を作りたい」と考えていたところに今回の開発企画が持ち込まれたそうです。

そして、原料であるコーン粉の輸入に頼っている現状を知り、素材として道産コーン粉はおもしろいと思ったし、地元農家の支援につながるのも良い。老舗お菓子メーカーとしての使命感にも駆られたそうです。

また、トウモロコシらしい食感を活かすため、すぐにサクサクのポン菓子というアイデアが生まれます。ポン菓子に際の最適な圧力や温度、表面に味を付着させる方法など、様々な問題は、官民共同開発という研究環境を活かしきって解決しました。

企画からわずか半年。並行して建設されていたコーン粉加工施設ができた頃には、商品の生産体制が整っていました。

こだわり味つけ一番人気は「だし味」!

0045_8

じめに商品化されたシリーズは、だし、しお、黒胡椒の3種類です。もともと作りたかった「だし味」は、社長こだわりの「和風だし」を使った、一番の人気商品です。

「しお味」は使用する塩の選定に苦労しました。マルチコーンはスイートコーンに比べて繊細な味わいなので、普通の食塩では風味が活かせません。あちこち探し回って最終的にたどり着いたのが「宗谷の塩」です。灯台もと暗し。正解は同じ北海道の稚内にありました。

汲み上げた海洋深層水から取った塩で、成分組成はほぼ海水そのもの。普通の食塩よりナトリウム濃度が低く、代わりにミネラルたっぷりです。しょっぱさはなくまろやかなので、何も加えずこの塩だけで味付けすることにしました。

北海道では採れないはずの「黒胡椒」は、ビールに合うと思って作ったそうです。「自分が食べたいものを作っただけ」と笑いますが、美味しいから食べてみてという素直な姿勢は、このシンプルな菓子に合うのかもしれません。

北海道産100%のコーン粉のお菓子が完成しました

0045_5

こうして、日本初の道産コーン粉を使った「ポンタベール」は世の中に出ました。

マルチコーン商品化の官民共同開発で第一号となったこともあってマスコミに注目され、遠くからわざわざ買いに来る人もいるヒット商品に育っています。農業関係者からも「こんなにコーン粉を使ってもらってうれしい」とのお声をいただいています。

地のものを使って地元農家を応援しようとやってきたこと。お菓子で“笑顔になってもらう”ことを目的としてきたこと。お客様の声を聞き、美味しい素材探しにアンテナをはっていたことなど、これまで培ってきたほんだ菓子司の技術や思いがあってこそ、実現した新商品です。

希少な国産原料の味わいをこだわりの味付けと共に!

0045_7

コーン粉は北海道産の地元トウモロコシを原材料にしています。

味付けはシンプルで、化学調味料は無添加。特に「だし」は、お年寄りには懐かしく、子供たちには新しい味かもしれません。旨味成分イノシン酸が豊富な焼あご・かつお節・うるめいわしと、グルタミン酸の昆布を組み合わせ、深い味わいのダブル出汁になっています。

しかも「ポンタベール」はポン菓子なので、サクサクとした食感なのに油で揚げていません。調味料を定着させるため、表面にわずかな米油を使っているだけです。だから他のスナック菓子より低脂質で低カロリー。お腹でふくれて腹持ちが良いので、ダイエット中のオヤツにもおすすめです!幅広い方に楽しんでいただける「ポンタベール」をぜひお試しください!

今回ご紹介した企業

有限会社ほんだ菓子司

コーンスナックなどに使う食用コーン粉はほぼ100%輸入に頼っています。こうした現状に危機感をき、地域の農業活性化に一石を投じたい北海道の研究機関は食用コーン粉の国産化プロジェクトを始めました。しかし官民共同開発のパートナーになった「ほんだ菓子司」は美味しいアップルパイで定評のある老舗。いまひとつコーン粉とは結びつきません。国産100%原料使用のヒット商品「ポンタベール」はどのように誕生したのでしょうか?

今回ご紹介した商品

北海道とうきびポンスナック ポンタベール Pontabaile だし味 〔50g × 4箱 〕

「ポンタベール」はポン菓子なので、サクサクとした食感なのに油で揚げていません。だから他のスナック菓子より低脂質で低カロリー。しかも、お腹でふくれて腹持ちが良いのでダイエット中のオヤツにも最適です。味付けはシンプルで化学調味料は無添加。日本初!北海道産100%のコーン粉で作った新しい菓子の美味しさを素直に味わえます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。