hakusui_main

疲れを残せないあなたへ。ミルク×米麹の出会いが生んだ特別な甘酒「百白糀」

無添加・ノンアルコール飲料「百白糀」は、水の代わりに牛乳で作った白水舎オリジナルの牛乳甘酒。
「牛乳は命の白い水」という信念のもと、「自然の力だけを利用した素晴らしい飲料を作りたい」という作り手の思いから生まれました。無添加にこだわり、宮崎県産米麹と宮崎県産米(山田錦・はなかぐら)、そして自社ブランド「宮崎平野の牛乳」のみを使用。甘酒好きの方はもちろんのこと、苦手な方にこそ飲んでいただきたい新発想のドリンクです。


自然の力だけを利用した素晴らしい飲料を作りたい

「百白糀」は、水の代わりに牛乳で作った甘酒です。
「自然の力だけを利用した素晴らしい飲料を作りたい」という作り手の思いから生まれました。

無添加・無着色・砂糖不使用の「百白糀」は、宮崎の大地が生んだおいしい牛乳と宮崎県産米麹だけで作られています。甘酒好きの方はもちろんのこと、苦手な方にこそ飲んでいただきたい新発想のドリンクです。

「百白糀」の生みの親・都成謙三さんは、大正8年に宮崎県宮崎市で創業した白水舎乳業の3代目。幼いころは、14人兄弟の中でも、一番身体が弱く3-4歳ころまで深刻な病気を患っていました。「牛乳は命の白い水」という創業者の思いを聞いて育ち、牛乳をお茶や水代わりに飲んでいたといいます。

次第に身体が丈夫になった経験から、「牛乳は自然の力を利用した飲料の中で、最も優れた飲み物」という確信を抱くようになりました。

現在、白水舎は、宮崎の酪農家から仕入れた生乳を殺菌・冷却して牛乳として販売していますが、創業時は自らも牧場をもち酪農を営んでいました。幼いころから酪農という仕事の大変さを見てきた都成代表。事業を引き継いでからは「市場で水よりも安く売られている牛乳の現状」について心を痛め、より付加価値の高い乳製品を提供したいと考えるようになりました。

そんな頃、2010年に家畜伝染病・口蹄疫が発生しました。なす術もない農家を前に「このままでは宮崎から酪農がなくなるかもしれない」という危機感をいだいた都成代表は、「地元の酪農家のために何かできないか」と新たな一歩を踏み出します。

以前から「『飲む点滴』と呼ばれる甘酒と栄養バランスの良い牛乳を組み合わせたら、何か素晴らしい飲み物ができるのではないか」という思いがありましたが、口蹄疫という逆境を契機に2011年から本格的に取り組む決意をします。


予想をはるかに超える栄養価だったんです

S41030002_3

日本初の牛乳で作る甘酒を作り始めた当初は、発酵の過程で色が黒くなったり、理想の味とはほど遠い仕上がりになったり、失敗の連続でした。 「正直めちゃくちゃまずかったです」と都成代表は、笑いながら当時を振り返ります。 何千種類もある麹の中から良さそうなものを取り寄せ、発酵温度や時間に工夫しながら3年の歳月をかけ、多くの方においしいと飲んでもらえる「百白糀」を完成させました。                                                                         

20180712_024
1.こだわりの宮崎県産米が育つ田んぼと農事組合法人「はなど  
う」 2.千徳酒造の作業風景と代表の門田氏           

地元素材を使った、安心安全なものづくりにこだわってきた白水舎。 「百白糀」にも信頼のおける老舗酒造やこだわり農家との協力を欠かしません。自社ブランドの「宮崎平野の牛乳」を使用するのはもちろんのこと、米麹は宮崎県では唯一の日本酒専門蔵・千徳酒造(延岡市)のものを、米はこだわりの宮崎県産米、山田錦・はなかぐらを使用しています。

完成した「百白糀」を調べてみると、必須アミノ酸を含む20種類ものアミノ酸を豊富に含んでいることが分かりました。 その量は、通常の市販甘酒の4倍以上、ヨーグルトの26倍、牛乳の100倍以上です。 この結果は、「水の代わりに栄養価の高い牛乳で甘酒を作ったら、麹菌の力をより引き出せるはず」と予想した都成代表の期待をはるかに超えるものでした。

必須アミノ酸を含む20種類のアミノ酸を作り出す「麹菌の働き」

20180712_030

なぜ「百白糀」にはこれほどのアミノ酸が含まれているのでしょうか?

アミノ酸を作るには、日本の食文化を支える麹菌の存在が欠かせません。麹菌はさまざまな酵素を生成し、その酵素の働きによりたんぱく質等の成分を発酵分解します。
中でも「百白糀」で素晴らしい働きをしてくれるのが「プロテアーゼ」。たんぱく質を分解してアミノ酸を生成します。牛乳のたんぱく質がたっぷり入っているから、市販の甘酒よりも多くのアミノ酸が含まれているのです。

さらに「百白糀」には近年注目されている「BCAA」と呼ばれるアミノ酸3種(バリン、ロイシン、イソロイシン)が豊富であるということも分かってきました。筋肉の代謝や合成に必要なアミノ酸ですが、それ以外にも様々な働きで注目されています。

都成代表には「麹菌と牛乳が作り出すたくさんの『いいこと』をより多くの方に知ってもらい、生活に役立ててほしい」という思いがあります。 「お客様に確かな情報を届けるため、「百白糀」の機能性を追求していきたい」とさらなる高みを目指します。 最近では、宮崎大学の協力をえて「百白糀に含まれるBCAAが人体にもたらす効果」について臨床試験を行い、その結果が論文として発表されています(注1)。

注1)宮崎大学 医学博士 片岡 寛章
「BCAA含有飲料「百白糀」摂取に伴う急性期筋肉疲労軽減効果の検討―ランダム化オープン・プラセボ対照クロスオーバー試験―」

まさに天然のサプリメント—無添加・ノンアルコール飲料「百白糀」

「百白糀」は、新鮮なミルクに麹が生んだ自然の甘みが加わり、一口飲めば身体が喜ぶような味わいがあります。

麹で作るノンアルコールの甘酒は、通常、麹の粒感があり、ドロッとしているものが多いのですが、「百白糀」は、さらりとした口当たりが特徴です。従来の甘酒とは違うそんな口当たりから、これまで甘酒が苦手だった方にも喜ばれています。

「『百白糀』は、厳選した生乳の成分をじっくり発酵分解させているから、牛乳の栄養を丸ごと摂取できます。
含まれる栄養を知れば知るほど、これはいろいろな方の健康をサポートできるのではという思いを強くしています。特に疲れがたまっている方には効果を実感いただいているようです」と、都成代表。

美容と健康に関心の高い方、ご高齢の方や小さなお子様など栄養をとることが難しい方、アスリートや受験生など、これまでさまざまな方に選ばれてきました。美容業界で影響力をもつキーパーソンが審査員を務める「ジャパンメイド・ビューティ アワード(第1回)」では、最優秀賞を受賞。プロ棋士である都成代表のご子息、都成竜馬(となりりゅうま)さんも勝負前に飲むなど、「百白糀」を愛飲しているのだとか。

お風呂上りに冷たいまま飲んでも、病中病後の食欲がわかない時には温めて飲んでもGOOD。
またパン作りに使えば、砂糖なしでも甘くもちっとした仕上がりになるのだそう。

無添加・ノンアルコール飲料「百白糀」は、日々の元気をサポートしてくれる、まさに天然のサプリメント。日々の生活に取り入れて、毎日の健康サポートにぜひお役立てください!

【百白糀(ひゃくびゃくこうじ)】はこちら

今回ご紹介した企業

有限会社 白水舎乳業

都成代表

大正8年に宮崎市高松町で酪農からスタートした老舗乳業。「牛乳は命の白い水」という創業者の言葉を受け継ぎ、宮崎県内の学校に自社ブランド「宮崎平野の牛乳」を提供してきました。「質のいい生乳を使用してさらに牛乳のよさを広めたい」という思いから、「百白糀」やアイスクリームなど、牛乳を使った新たな商品づくりにチャレンジ。創業100年を迎えた今でも、迷ったときは常に「お客様にとって利益になる方を選ぶこと」を大切に、次の100年に繋がるものづくりを行っています。

今回ご紹介した商品

百白糀(ひゃくびゃくこうじ)8本セット

hyakubyakukoji

無添加・ノンアルコール飲料「百白糀」は、水の代わりに牛乳で作った白水舎オリジナルの牛乳甘酒。
「牛乳は命の白い水」という信念のもと、「自然の力だけを利用した素晴らしい飲料を作りたい」という作り手の思いから生まれました。無添加にこだわり、宮崎県産米麹と宮崎県産米(山田錦・はなかぐら)、そして自社ブランド「宮崎平野の牛乳」のみを使用。甘酒好きの方はもちろんのこと、苦手な方にこそ飲んでいただきたい新発想のドリンクです。

【百白糀(ひゃくびゃくこうじ)】はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。