兵庫県の特産品、本当にスペシャルなものばかり5品集めました!

兵庫県は南北に長く、近畿地方では最大の面積を持ち、北は日本海、南は瀬戸内海と2つの海に接しています。六甲山の麓には日本三古湯のひとつ有馬温泉があり、明石海峡をまたぐ大橋を渡れば淡路島、島を縦断して鳴門海峡という、海と山の自然の恩恵を受けた土地です。その上、港町神戸があり、昔から西洋と日本の文化が混ざり合って独特の雰囲気を醸し出しています。そのため、地形や文化が生み出した特産品も数多くあります。ここでは、関西地方在住の筆者が自信を持っておすすめするスペシャルな特産5品を紹介しましょう。

こんぱす 神戸牛プレミアムローストビーフ 特製タレ付き

兵庫県の特産でまず外せないのが、神戸牛でしょう。神戸牛は、日本三大和牛のひとつで、兵庫県で生産された但馬牛からとれる高水準の枝肉です。欧米でも神戸牛は人気・知名度ともに高く、神戸牛ステーキを食べるために日本に観光に来る外国人も年々増えています。ここでは、神戸三宮駅からほど近い高級鉄板焼き店「鉄板焼神戸Fuji」の神戸牛プレミアムローストビーフを紹介します。神戸牛の弾力のある赤身部位もも肉を使用し、赤ワイン・オリーブオイルなどの漬け汁で寝かせた後、オーブンでじっくり焼き上げた逸品です。特製タレもついているので、すぐにテーブルへ出すことができますよ。ホームパーティーや記念日、または特別な方へのギフトにおすすめです。

【神戸牛プレミアムローストビーフ】はこちら

丹波篠山逸品堂 丹波篠山産黒豆煮 化粧箱入り

数ある兵庫県の特産品の中でよく知られている丹波の黒豆、中でも丹波篠山産の大粒サイズは最高級品といわれています。丹波篠山逸品堂の黒豆煮は、厳選された黒大豆に一切のうま味調味料を使用せず、独特の製法でやわらかく炊き上げているため、すっきりとした甘味と食感を楽しむことができます。黒大豆特有のポリフェノール類を豊富に含み、ビタミンE含有量が他の大豆よりも多いので、健康に気を使われる方にもおすすめです。また、黒大豆を食べた後の煮汁にも甘味があるので、熱湯で薄めて飲むことができます。自宅用はもちろん、ギフトにもおすすめです。

【丹波篠山産黒豆煮】はこちら

山田海産物 鳴門わかめの『おさしみわかめ』

兵庫県の有名な観光スポットのひとつに、鳴門海峡の渦潮があるのはご存知でしょう。渦潮が生まれるほどの激しい急流と沿岸の穏やかな流れの境目には、とても上質なわかめが育ちます。「鳴門わかめ」として昔から親しまれてきたわかめは、兵庫県を訪れたら絶対に買って帰りたい特産品のひとつです。新鮮なまま塩蔵されたわかめは、潮の香りがたっぷりの風味と、肉厚で色鮮やか。わかめしゃぶしゃぶやサラダで、鳴門の味を楽しんでみてください。

【おさしみわかめ】はこちら

金山製麺 ちどり絲

兵庫県の淡路島は素麺の特産地として有名です。ここで紹介するのは、明治45年に作られた銘柄を70年ぶりに復刻した淡路素麺のちどり絲です。淡路島伝統の製麺法を守りつつ、「コシ」「のどごし」「味わい」にこだわり試行錯誤を重ねた逸品で、味わい豊かな素麺に仕上がっています。太めの麺のなめらかさと小麦の甘味は、他では味わえない淡路特産の持ち味ですので、ぜひとも味わってほしい品です。20束化粧箱入りなので、ご家庭用はもちろん、お中元の品としても最適ですね。

【ちどり絲】はこちら

山田海産物『淡路島のちりめん』

兵庫県淡路島の特産である「ちりめん」は、淡路島近海で水揚げされたカタクチイワシの稚魚をすばやく釜で炊き上げ、天日で干して適度な乾燥状態に仕上げた、日本古来からの自然食品です。波の穏やかな瀬戸内海で育った淡路島のちりめんは、ほどよい歯ごたえがあって味も良く、日持ちするのが特徴です。良質なタンパク質とカルシウムを豊富に含むので、健康食品として子供からお年寄りまでどなたでも召し上がっていただけます。そのままで食べるのもよし、炊き込みご飯や和え物、卵焼きに混ぜたりしても美味しいですよ。

【淡路島のちりめん】はこちら

兵庫県の特産品の中でも、豊かな自然に育まれた逸品ばかりを集めてみましたが、いかがだったでしょうか?

世界に名を知られている神戸牛から、山の恵みの丹波黒豆、淡路の風が育てる素麺、海の幸わかめとちりめん、どれも兵庫ならではの品揃えです。グルメを唸らせる5品は、もちろんギフトにも最適ですが、グルメな方なら自分で取り寄せて、すべてを味わってみてもいいですね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。