感染症患者報告数が減少 「コロナ対策が徹底された結果」

鹿児島県内で感染性胃腸炎や咽頭結膜熱(プール熱)などの患者報告数が過去2年と比べ減少している。専門家は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って感染症対策が徹底された結果とみている。
情報元サイト:「南日本新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。