ミャンマー国軍、少数民族との戦闘激化 国連停戦要求に反発 15万人以上避難

住宅が燃えているラカイン族の村=ミャンマー西部ラカイン州で2020年5月16日、ミャンマー国軍提供・APミャンマー西部ラカイン州で、国軍と仏教徒の少数民族ラカイン族の武装勢力「アラカン軍」の戦闘が激化している。国連の特別報告者はこれまでに15万人以上の民間人が巻き添えになっているとして停戦を求めてい
情報元サイト:「毎日新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。