日露平和条約交渉、早期再開で一致 外相電話協議

茂木敏充外相は28日夜、ロシアのラブロフ外相と電話協議し、北方領土での共同経済活動など平和条約締結交渉を早期に再開することで一致した。

今春に予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期されていた次官級協議を行う。森健良外務審議官とロシアのモルグロフ外務次官がテレビ会議などで実施する。
情報元サイト:「毎日新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。