コロナ禍で日医会長選に風雲急 揺れる横倉氏の去就

6月に予定される任期満了に伴う日本医師会(日医)会長選の行方が混沌(こんとん)としている。中川俊男副会長(68)が出馬に前向きとされる中、横倉義武会長(75)は態度を明らかにしていない。周囲には続投を求める声が強いが、国を挙げて新型コロナウイルス感染症対策に取り組んでいる最中に、対立劇は避けたいとい
情報元サイト:「SankeiBiz」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。