観光業者が農家に「助っ人」 人手不足補い大活躍 ラッキョウやナシ収穫

新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けている観光業。その働き手たちが、慢性的に人手不足の農業の現場で一時的に活躍する動きが全国で広がっている。収穫の最盛期を迎えるラッキョウの産地・鳥取県北栄町では、名湯「三朝(みささ)温泉」(同県三朝町)の旅館従業員がラッキョウの根を切る「切り子」に転身するなど、観
情報元サイト:「毎日新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。