暮らしを支える宅配会社の配達員、ゴミ回収に携わる作業員の方々へ 機能性インナー「エアリズム」約15万着を寄贈

ユニクロは、私たちの暮らしを支える宅配会社の配達員とゴミの回収に携わる作業員の方々を対象に、機能性インナー「エアリズム」約15万着を寄贈いたします。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発出による不要不急の外出自粛の中においても、当社の服をはじめ、お客様の自宅に変わらず荷物を届けていただいた佐川急便株式会社とヤマト運輸株式会社の配達員の方々に約11万6千着。ユニクロ店舗で出るゴミや全国の家庭ゴミの回収に携わる
作業員の方々に約3万4千着。あわせて約15万人の方々へ、暮らしを支えていただいた感謝の気持ちを込めて「エアリズムインナー」を6月下旬より順次提供してまいります。
「エアリズムインナー」は、テクノロジーの力により汗をすぐに乾かしサラリとした心地よさを追求し、『日常生活をより快適に』を掲げるユニクロのLifeWearを代表する機能性肌着です。
日本やヨーロッパ、東南アジア各国では、医療機関などに「エアリズムインナー」を寄贈しており、防護服やガウンの下に身に着けることで、ムレを軽減し快適に仕事ができるといった声が医療従事者から寄せられています。
暮らしを支える宅配会社の配達員、ゴミ回収に携わる作業員の方々に、「エアリズムインナー」を着用いただきこれから迎える高温多湿の厳しい夏に備えていただきたいと考えています。
世界の医療従事者と地域コミュニティへの支援
ユニクロを運営するファーストリテイリングは3月、新型コロナウイルス感染症対策支援として国内外の医療機関等へ医療用を中心にマスク1,000万枚を無償で提供することを表明し、これまでに日本をはじめ世界19の国と地域に寄贈しています。日本では、5月中旬までに政府のマスクチームを通じて計100万枚超を提供。さらに、国内医療機関への追加支援として5月以降順次、医療現場で使用できる防護具の一種であるアイソレーションガウン計120万点と「エアリズムインナー」、マスク400万点を全国の医療機関や介護施設にお届けしています。
また、世界26の国と地域で、医療機関や、ホームレス、ドメスティックバイオレンス被害者など社会的に脆弱な立場の人たちを支援する団体を対象に、「エアリズム」や「ヒートテック」、ダウンジャケットなど22万点超の衣料提供や、NGOなどへの寄付を実施。世界的に刻々と状況が変化する中で、可能
情報元サイト:「株式会社ユニクロ」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。