『カセットテープ・ダイアリーズ』監督が語るスプリングスティーンの衝撃、閉塞感を打ち破るアートの力

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』が新型コロナウイルス感染拡大に伴う延期を経て、TOHOシネマズ シャンテ他にて7月3日(金)より公開される。ブルース・スプリングスティーンにインスピレーションを受けた青春音楽ドラマの制作背景を尋ねるべく、『ベッカムに恋して』などの作品で知られるグリンダ・チャーダ監
情報元サイト:「Rolling Stone」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。