もちもち、ぷるぷる “生”の食感求めて 那珂川でキクラゲ狩り

栃木県那珂川町芳井の「ともちゃん農園」でキクラゲ狩りが始まり、もちもち、ぷるぷるの生キクラゲを求めて県内外から観光客らが訪れている。

園主の佐藤知子(さとうともこ)さん(62)は5年前からキクラゲ栽培を始め、2棟のビニールハウスには3400個の菌床がある。

摘み取りを行う場合は新型コロナウイルス
情報元サイト:「下野新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。