ふるさと納税で「塩狩駅」維持へ

三浦綾子の小説「塩狩峠」にちなんで知られるJR宗谷線の塩狩駅について地元の和寒町は来年の春以降、ふるさと納税による寄付金を活用して維持管理を行う方針で積極的な寄付を呼びかけています。

JR塩狩駅は、三浦綾子の小説「塩狩峠」にちなんで知られ、道内外から観光客が訪れますが利用客の減少が続いていて、和寒
情報元サイト:「NHK NEWS WEB」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。