宿泊需要回復へ業者から期待の声

道内での旅行に対して代金の一部を割り引く「どうみん割」の利用が1日から始まり、釧路市の宿泊業者からも需要の回復に向けキャンペーンに期待する声が聞かれました。

このうち1日に2か月ぶりに営業を再開した釧路市川上町のホテルでは29日から「どうみん割」での宿泊の受け付けを始め、すでに完売間近ということで
情報元サイト:「NHK NEWS WEB」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。