米雇用、緩やか回復 感染拡大で失業率高止まり懸念

米労働省が2日発表した6月の雇用統計は、失業率が緩やかに持ち直した。米国では新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、雇用の受け皿である飲食業や小売業の再生は一段と遠のくリスクもある。2桁近い高失業率のまま、11月の大統領選に突入する可能性がある。

失業保険の申請手続きに並ぶ人々(米ケンタッキー州
情報元サイト:「日本経済新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。