「大わらじ福かつ」福島名物お弁当に 産学官連携で商品開発

福島市の夏の風物詩「福島わらじまつり」をイメージしたご当地グルメ「ソースかつ」の弁当が4日、JR福島駅のエスパル福島で発売された。名付けて「大わらじ福かつ弁当」。「福かつ」には東日本大震災からの「復活」の願いを込めた。これまで福島になかった名物弁当を作ろうと、市内の学生や企業が連携して商品開発に取り
情報元サイト:「河北新報コルネット」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。