マキタの21年3月期、純利益22%減、円高や販促費増で

マキタは31日、2021年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比22%減の373億円になりそうだと発表した。売上高に相当する売上収益は4900億円と1%減にとどまるが、円高や販促費の増加が響く。電動工具の販売は底堅く、コロナ禍の「巣ごもり消費」で電動芝刈り機など園芸工具も好調という。想定為替レー
情報元サイト:「日本経済新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。