自治体、豪雨被災地をふるさと納税「代理」で支援

九州の豪雨災害で、各地の自治体が被災地の代わりにふるさと納税を募る「代理寄付」で支援している。事務手続きを代行し、被災自治体の負担軽減と寄付集めを両立させる。新型コロナウイルスの影響で応援人員の現地入りが難しい中、遠隔からの支援手法として注目を集めている。

山梨県富士吉田市はふるさとチョイスのサイ
情報元サイト:「日本経済新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。