バイリンガル化・強いインフラ・ユニコーンも誕生。世界のテックハブとして進化する台湾

タピオカミルクティーや台湾在住YouTuberらの情報発信により、日本人に一層身近になっている台湾。今後は「テックスタートアップ」という側面でも交流が盛んになるかもしれない。 以前お伝えした通り、台湾は2030年までに英語教育を普及させバイリンガル国家になる計…
情報元サイト:「AMP」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。