大飯・高浜同時想定、県原子力防災訓練

福井県にある関西電力の大飯原発3号機(おおい町)と高浜原発4号機(高浜町)の「同時発災」を想定した県原子力防災訓練が27日にあり、国や県、周辺市町、関電など約40機関の約300人と住民約50人が参加した。原発事故の防災訓練では全国で初めて、新型コロナウイルスの感染防止対策を踏まえた広域避難を実施。感
情報元サイト:「朝日新聞デジタル – 福井」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。