実利優先の正常化…UAEとバーレーンはイスラエルの先端技術に期待

【カイロ=佐藤貴生】アラブ首長国連邦(UAE)とバーレーンがイスラエルとの国交正常化を決めた背景には、同国との懸案だったパレスチナ問題を過去のものとしてでも技術立国のイスラエルとの関係という実利を優先したいとの判断がうかがえる。米国やイスラエルが「イラン包囲網」構築に向けてアラブ諸国に働きかけを強め
情報元サイト:「SankeiBiz」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。