#osc20hi でたちまちサイボウズ広島のはなしをしました

開発本部 コネクト支援チーム の西原(@tomio2480)です.

9/17(土) に開催されたオープンソースカンファレンス2020 Online/Hiroshimaで「たちまちサイボウズ広島!(訳:とりあえずサイボウズ広島事情話します)」という題でセミナーを行いました.今回の登壇者はいずれも広島にゆかりのある開発本部所属の社員で,組織運営チームの水戸(広島所属),フロントエンドエキスパートチームのsakito(東京所属),kintone開発チームのにしみね(広島所属),コネクト支援チームの西原(東京所属)の 4 名でお送りいたしました.主だった話題の 3 点に沿って報告をいたします.

※ 参考 : オープンソースカンファレンスについて → https://www.ospn.jp/

当日は登壇者の都合が合わなかったので,録画配信対応となりました.当日流した動画は OSPN から YouTube に投稿されていますのでこちらをご覧ください.
www.youtube.com
拠点が分散した中でのリモートワーク
新しい生活様式を求められてそろそろ半年が経過します.サイボウズ開発本部では何か影響はあったのでしょうか,という観点で,今のサイボウズの開発本部ではどのように業務を進めているのかを中心にお話ししました.ざっとまとめると以下のとおりです.
地域拠点ごとに担当製品や部署を分けていないため,そもそも支障がなかった.
会議室問題,移動時間問題,どこにいて何で連絡すればいいかわからない問題が解消.
集まれない理由が一つ減った.(「会議室があいてない」との決別)
多数の現地と少数のオンラインのようなコミュニケーション差がなくなった.
Zoom で呼び出せばほぼ 100 % 応じてもらえる.
コミュニケーションの質を補うためのオフライン集合ができないのはつらい.
各拠点や働いている現場を見て何かを感じる機会が失われる.
プラスに働いたという意見が多数でした.今までも”可能”だったオンライン業務に挑戦してきた流れがあり,その土台の上に立てていることが大きいようです.その上で”可能”から”標準”になることでより洗練され,新しい業務の形が馴染みつつある,といった現状が垣間見えました.

一方でより深くわかりあうためには,オフラインでの顔合わせが効果的だと感じて
情報元サイト:「Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログ」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。