政府がデジタル化を主導するシンガポールから日本が学べること (「世界の工場」の明日)

シンガポールではBluetoothを用いた接触確認アプリ「Tracetogether」の配布を他国に先駆けて始めるなど、新型コロナ対策で積極的にICT技術を利用している。ただ、シンガポールのICTによる新型コロナ対策は、TraceTogetherよりも、ビルなどの入退場を管理するアプリ「SafeEntry」の利用を徹底していることのほうが効果が大きいかもしれない。
情報元サイト:「日経ビジネスオンライン」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。