「社交場文化が廃れてしまう」接待自粛で中洲の名店、老舗が…

歓楽街・中洲(福岡市博多区)の目抜き通りの交差点。その片隅で、ダークスーツに身を包んだ白髪の男性が行き交う人々をじっと見つめる。60代。高級クラブの幹部従業員。30代前半から店の“黒服”として働く。

店の仕事がないときはこの場に立ち、一度でも来店した企業人を見つければ深々とお辞儀する。20年以上続
情報元サイト:「西日本新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。