積極的な拡大路線、コロナで裏目に ANA過去最大の赤字

羽田空港の駐機場に並ぶ全日空機=2020年10月27日午後、本社ヘリから新型コロナウイルスの感染拡大がANAホールディングス(HD)の経営を直撃した。2021年3月期の連結最終(当期)損益は過去最大の赤字となる見通しで、過去のリーマン・ショックや米同時多発テロなどを大幅に上回る影響をもたらしている。
情報元サイト:「毎日新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。