時短協力店への協力金、支援拡充を示唆 西村経済再生相

政府の新型コロナウイルス感染症対策を担当する西村康稔経済再生相は24日、営業時間の短縮などの要請に応じた店に地方自治体が払う「協力金」に使える政府の交付金について、拡充する可能性を示唆した。500億円の枠がもうけられているが、西村氏は同日午後の全国知事会とのテレビ会議で、「感染が拡大したときは臨機応
情報元サイト:「朝日新聞デジタル」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。