瀬戸内といえば…「レモン」最多 首都圏居住者に調査

観光事業者支援の瀬戸内ブランドコーポレーションと中国四国博報堂が、共同プロジェクト「せとうち・ラボ」(・はドット)としてまとめた調査によると、首都圏の居住者が瀬戸内と聞いて思い浮かべるものは「レモン」がトップであることが分かった。観光地は小豆島が1位だった。

調査は今年3月上旬に東京、神奈川、埼玉
情報元サイト:「日本経済新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。