館山女児殺害 母親に懲役9年求刑 涙ながらに「全て受け入れる覚悟」 (11/26 16:00)

館山市内の空き家で昨年10月、心中を図ろうと当時3歳だった次女の首を絞め窒息死させたとして、殺人の罪に問われた無職、宮下(旧姓羽山)有布子被告(41)=君津市=の裁判員裁判の論告求刑公判が26日、千葉地裁(平塚浩司裁判長)で開かれ、検察側は懲役9年を求刑した。判決は12月3日。

検察側は論告で「死
情報元サイト:「千葉日報」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。