「民間救急」搬送支える…コロナ第3波で需要急増 医療の逼迫反映

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、感染対策を施した専用車で患者らを運ぶ民間救急業者の需要が急増している。民間業者は行政の救急業務の補完的な役割を担い、自宅待機中の新型コロナ陽性者を病院へ搬送したりしているが、「第3波」でさらに陽性者が増えれば対応しきれなくなる恐れもある。11月に入り、ひっきりなし
情報元サイト:「SankeiBiz」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。