/107 コロナで鎖国の北朝鮮 深刻な人道危機に直面 /大阪

フランスの画家ミレーの代表作の一つに、刈り取りの終わった麦畑で農婦たちが腰を折って落穂を拾う姿を描いた絵がある。一見のどかな田園風景だが、19世紀のフランス農民がいかに貧しかったか、現代人にも想像することを突きつける。

ミレーの「落穂拾い」と同じ光景を、私は秋の朝中国境で何度も目撃している。国境河
情報元サイト:「毎日新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。