東京五輪・パラの追加経費は2940億円 都と国、組織委が分担で合意

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は4日、大会延期や新型コロナウイルス感染症対策に伴う追加経費が2940億円になると発表した。東京都が1200億円、国が710億円、組織委が1030億円を分担することで3者が合意。これにより、大会経費は延期前の1兆3500億円から1兆6440億円に膨らむ。(原田遼
情報元サイト:「東京新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。