協力金申請システムで情報誤表示

神奈川県は、営業時間の短縮を行った事業者から協力金の申請を受け付ける業務をオンラインで始めたところ、システムの不備で申請した人の氏名や口座番号などが一時的に見られる状態になっていたと発表しました。

神奈川県では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて行っている飲食店などへの営業時間の短縮要請のうち、
情報元サイト:「NHK NEWS WEB」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。