「協力金で十分な利益確保」ピザ店が無償提供で社会還元 京都

新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受けて、営業時間の短縮に応じた飲食店には1日6万円の協力金が支払われます。こうした中、京都市の個人経営のピザ店は十分な利益が確保できるとして、福祉施設の職員などに無償でピザを提供する取り組みを始めました。
情報元サイト:「NHK NEWS WEB」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。