有効求人倍率 コロナで大幅減

新型コロナウイルスの影響で、新規の求人数が大きく落ち込んだことから、去年の県内の有効求人倍率は1.25倍と、前の年を0.26ポイント下回りました。

福島労働局によりますと、仕事を求めている人1人に対して、企業から何人の求人があるかを示す有効求人倍率は、県内では、12月は1.21倍と前の月を0.04
情報元サイト:「NHK NEWS WEB」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。