福岡・天神の旧大名小跡再開発ビルで感染症対策

/

福岡市天神の旧大名小学校跡地で複合施設を再開発している大名プロジェクト特定目的会社(福岡市)は、建設中のビルや広場で新型コロナウイルスなどの感染症対策を実施すると発表した。自然換気や、非接触で設備を利用できるシステムを導入する。

同跡地は2022年1月に公共施設部分の供用を先行して始め、竣工
情報元サイト:「日本経済新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。