「合理性よりワクワクを選ぶ」。無理はしないけど利益は出す、すこやかな事業のつくり方──マール・コウサカ×木村祥一郎

自分たちが本当にいいと思うものを、できる限り何かを犠牲にすることなく、嘘をつかず正直につくり、届けていきたい。
頭ではそう願っていても、「流行に乗らないと」「売れるものをつくらないと」など、いろんな事情と心情が絡まり合って、理想通りかたちしていくのは難しいようにも思います。
すこやかなものづくりをして、健康的に事業を回していくためには?
「健康的な消費のために」という姿勢のもと、買う人もつくる人も売る人も、ブランドに関わる人が幸せであれるヘルシーな服と仕組みをつくる、アパレルブランドfoufouのマール・コウサカさん。
「くらし、気持ち、ピカピカ」をモットーに、大阪の町工場で、残業をせず家庭生活も大切に、高品質でちょっとユニークな商品を開発する木村石鹸工業株式会社(以下、木村石鹸)の木村祥一郎さん。
服と石鹸。商品をつくり届けるおふたりは「すこやかなものづくりと事業」をどうやってかたちにしているのでしょうか。オンラインでつないだ画面越しに、語り合ってもらいました。
自分たちがファンでいられるものをつくる

今日はおふたりに「すこやかなものづくりと事業」についてお聞きしていきます。さっそくですが、それぞれが考える“いいもの”をつくるために、意識していることはありますか?
マール
僕らがつくりたいのは、ほどよくおしゃれで、質が良くて、しかも手に届く価格。まとう人の価値観にフィットする、日常を楽しく揺らすような服です。
マール・コウサカさん。1990年生まれ。東京都出身。大学卒業後、文化服装学院のII部服飾科(夜間)に入学。2016年、在学中に「foufou(フーフー)」を立ち上げる。2020年9月に初の著書となる『すこやかな服』(晶文社)を上梓

foufouのコンセプト「健康的な消費のために」に通じますね。
マール
そのために、自分の「こだわり」にこだわらないことを意識しています。つまりこだわらないことを決めるんです。foufouの服は1人でつくっているわけではありません。どちらかと言うとバンドに近くて、デモテープを渡してメンバーにベースラインを決めてもらう感じです。一人でやっていても、いつか行き詰まってしまうと思っているので、たとえ自分のこだわりをひっくり返したとしても、常にfoufouを拡張していけるものづくりのかたちを探し続けていますね。
情報元サイト:「サイボウズ式」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。